DJ向けの新しいストリーミングサービス「Beatsource LINK」とは?

Spotify DJから、DJ向け楽曲販売サイト・レコードプールなどを動画でご紹介しており、大変好評いただいております!
こちらに関して、動画やブログは 下記関連ブログから!

先日、DJ City と Beatportが合同で設立した Beatsource(ビートソース) が、DJ向けのストリーミングサービス「Beatsource LINK」を発表しました。

Pioneer DJのレコードボックス6.01が発表されていた際にも出ていた名前で、「Beatsource LINK」が何なのか気になっていた方も多いのではないでしょうか。
今回はその「Beatsource LINK」がどういったものなのか ご紹介します!

もくじ

1.Beatsource LINKとは?
2.どうやって使う?出来ることは?
3.注意点とポイント

1.Beatsource LINKとは?

先日、DJ City と Beatportが合同で設立した Beatsource(ビートソース) が、DJ向けのストリーミングサービス「Beatsource LINK」を発表しました。

 

Beatsource は、楽曲販売サイトサイトであり、元のBeatportと似たようなサービス内容となっております。
取り扱っているジャンルは……..

サイトにはコチラの画像リンクから↓↓↓

Beatsource は、キュレーションも充実しています。
ここで言うキュレーションとは、有名DJや専門の方が曲をチョイスしてプレイリストを作成することを指します。

もちろん、自分のお気に入り曲を探して、フロアを盛り上げるというのはDJの醍醐味ではありますが、毎日第一線で活躍しているDJの様に日々更新されるあらゆるジャンルの曲をチェックするのは大変です。
そこで、キュレーションされたプレイリストから曲をピックアップすることで効率的に曲の収集が可能です!

Beatsource がくり出すストリーミングサービス、
「Beatsource LINK」はどうやって使う?

Beatsource LINKに対応する最初のソフトウェアはPioneer DJの6.0.1
※他のソフトにも徐々に対応して行く予定とのことです。

出来ること

●メインストリーム向け楽曲ストリーミング
●キュレーションされたプレイリストから楽曲を選択可能
●Beatport Linkで使われている楽曲の保存機能 

注意点とポイント

●プランによって保存できる楽曲数が異なる
●現時点ではrekordbox 以外では使用できない

どのプランも初回1ヶ月間は無料で使用することが可能です。

プランの差は、
★LINKが128kbps AAC、保存機能なし
★LINK Proは256kbps AAC、50曲保存可能
★LINK Pro+は256kbps AAC、100曲保存可能

※LINKの128kbpsでは、ちょっと物足りないと感じるかも?要検討です!

対応するrekordbox 6.0.1は、5月7日現在では まだベータ段階でしか公開されていません。
いち早く試したい方は、ベータ版をダウンロードする必要があります。

※ベータ版ということもあり動作が安定しておりません。
安定して使いたい方やパソコンにあまり詳しくない方は、正式版がリリースされるまで待つ必要があります。

★正式版がリリースされましたら実際に使って動画でご紹介します♪

在庫状況等、ご不明な点などお問い合わせは下記よりご連絡ください。

ショップTOPへはコチラ

関連ブログ

【随時更新】DJ 音源集めシリーズ配信中!【2020/05/06更新】

実は簡単!!「DJcity」の登録方法・楽曲のダウンロード手順を詳しく解説!!【DJ音源集め】

Spotifyから音楽を移行!! 鍵を握るのは【TuneMyMusic】画期的なその使い方とは?

500円引き!5%オフなど他お得なお知らせ

電子マネー決済取り扱い致しました!

お得な情報や新製品、人気商品の最新情報、セール情報はミュージックハウスフレンズのメルマガからゲット!お名前とメールアドレスだけで簡単登録!

最新情報やお得な情報配信中!
LINEだけ!かんたん友達登録で500円OFFクーポンもついてくる。

Facebook、Twitter、Instgram でもお得情報、随時更新中!いいね!フォロー、リツイート お願いします。

Youtube では、新製品レビューからデモ動画など、知って得する小ネタまでご紹介♪


関連記事


おすすめ記事

カテゴリー