ARTURIA(アートリア) 初のオリジナル・ソフトウェア・シンセサイザー「Pigments」が新登場!

20年間のシンセサイザー開発の集大成となる、最高にパワフルなウェーブテーブルとヴァーチャルアナログ・ソフトウェアシンセサイザー。
音楽制作の方法を根本的に覆すインストゥルメント、それが「Pigments(ピグメンツ)」です。
待望の商品がついに情報解禁です!
気になる発売日は2019年4月21日(日)です!

Arturia(アートリア) / PIGMENTS ソフトウェアシンセサイザー 【4月21日(日)発売】
Arturia(アートリア) / PIGMENTS ソフトウェアシンセサイザー 【4月21日(日)発売】
ポイント 159還元!
14,800円 (税込15,984円)  送料無料

Arturia(アートリア) / PIGMENTS ソフトウェアシンセサイザー 【4月21日(日)発売】

Pigments(ピグメンツ) は非常にパワフルなアーキテクチャーと超高速ワークフローにより、これまでにないサウンドを作り出すことができ、複雑なモジュレーションも簡単で素早く、楽しく設定することができます。他のどんなシンセにも作れない、類を見ない多彩な機能と魅力的な価格で、あらゆるプロデューサーやサウンドデザイナー、シンセ・ファン必携の、まさに21 世紀の楽器がPigments(ピグメンツ) です。

JSPA(日本シンセサイザープログラマー協会)の理事であり、プロミュージシャンの氏家克典氏も絶賛!

https://twitter.com/Katsunori_UJIIE/status/1114737215991451650

氏家克典氏がデモ演奏している動画がこちらです!

【PIGMENTS の主な特徴】

・ピッチ・モジュレーションをスケールでクォンタイズし、複雑なメロディ感のあるシーケンスを作成可能
・連続可変でモジュレーション可能なユニゾン機能、クラシックとコードの2 モードを搭載
・ウェーブテーブル・オシレーターに多彩な波形加工機能を搭載し、エリアシングのコントロールも可能
・一般的なモジュレーション・ソースに加え、ターニングやバイナリ・ランダムジェネレーターなど特殊なソースも内蔵
・モジュレーターでゲート/リトリガーが使用でき、特殊なリズムシーケンスや、無入力でも自己発音するパッチを作成可能
・ランダムネス機能を活用したポリリズム的なシーケンスでも、スケール設定によりより音楽的なシーケンスが作成可能

仕様などの詳細は随時更新していきますのでまたご覧ください!
発売日は2019年4月21日(日)です!是非ともご検討よろしくお願いします。

▼各種ご相談お問い合わせもお気軽にどうぞ!

ショップトップページへ

ミュージックハウスフレンズからのお知らせ

PayPay(電子マネー決済)取り扱い致しました!

お得な情報や新製品、人気商品の最新情報、セール情報はミュージックハウスフレンズのメルマガからゲット!お名前とメールアドレスだけで簡単登録!

最新情報やお得な情報配信中!
LINEだけ!かんたん友達登録で500円OFFクーポンもついてくる。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


おすすめ記事

カテゴリー