【KORG】ハイスペックでリーズナブル!新しいワークステーション「i3」のコスパがスゴイ♪

KORGミュージック・ワークステーションの最新モデル「i3」
さてさてどんな機能が搭載されているのでしょうか!?

もくじ

i3の魅力
 優れたデザイン
 多彩なサウンド
 制作にも適している
 電離駆動で軽量
 ソフトウェアを無料バンドル
まとめ・発売は?
オススメ関連ブログ

スーパー・マット・ブラック スーパー・マット・シルバー
Korg(コルグ) / i3 MB (スーパー・マット・ブラック) - シンセサイザー・ワークステーション -【3月下旬発売予定】
予価:54,000円前後(税抜)
※ご予約はまだ受け付けておりません
Korg(コルグ) / i3 MB (スーパー・マット・ブラック) - シンセサイザー・ワークステーション -【3月下旬発売予定】
Korg(コルグ) / i3 MS (スーパー・マット・シルバー) - シンセサイザー・ワークステーション -【4月下旬発売予定】
予価:54,000円前後(税抜)
※ご予約はまだ受け付けておりません
Korg(コルグ) / i3 MS (スーパー・マット・シルバー) - シンセサイザー・ワークステーション -【4月下旬発売予定】

i3の魅力

優れたデザイン

マット仕上げ、ゴム製タッチ・サーフェス、穴あきエンド・パネルは、独特の高級デザインを反映。

KORG i3は、フルサイズの61鍵、ベロシティセンス付きのキーボードを備えています。
ベロシティタッチは、3つのタッチレスポンスソフト(軽め)、ミディアム(標準)、ハード(重め)。
さらに、4つ目の設定として、ベロシティを固定することもできます(フィックス)。
広い音域を演奏するためのOCTAVEボタンは、キーボードのピッチをオクターブ単位で上下2オクターブの範囲でシフトできます。
表現力をより一層高めるジョイスティック・コントローラーも勿論搭載。
ピッチベンド、ビブラート、ブリリアンスの調整が可能です。
2バンドEQ(Low&High)では、サウンドのトータル・コントロールが行えます。

フロント・パネルにあるすべてのボタンとコントローラーは、機能ごとにグループ化されており、バックライト付きLCDは、i3の現在の設定を演奏者が確認しやすいようになっています。
ダイヤルを使えば画面上のパラメーター値をすばやく編集できます。

多彩なサウンド

KORGの数十年に渡るサウンド・デザインのノウハウが、結集、約800ものサウンドが内蔵されています。
この音色にはGM2準拠のサウンド・セットも含まれているので、MIDIフォーマットのデータ再生にも対応しています。
さらに59個のドラム・サウンドも内蔵し、より表現力溢れるサウンドを再現できます。

i3では、再生されるサウンド・セットと、実際にキーボードを弾いて鳴るサウンドを区別することができます。
パフォーマンス・セットのスタイルは、その名の通りパフォーマンスを強化するi3特有のサウンド・セットで、メモリーに内蔵されている200ものサウンド・セットから1つを呼び出せば、最高で4つのサウンドをキーボード上に配置することができます。
そのうちの3つは、アッパーキーボードには3つのレイヤーとしてアサインでき、残りの1つをロワー・キーボードにアサインできます。

高解像度を誇るPCMサウンドエンジンは、最大64ポリを実現。
173種類のバリエーションを持つ、2系統のステレオ・エフェクト・プロセッサーにより、リアルタイムにサウンドを変化させ、その効果、表現を加えます。GRAND PIANO/SOUNDボタンを押せば、どのモードにいてもすぐにi3が誇る、素晴らしいピアノ・サウンドを呼び出すことができます。

▼サウンドデモ

制作にも適している

パフォーマンス・セットのスタイルを選択すれば、その曲に必要なパート(ドラム、ベースライン、パーカッションヒット、その他のバッキングパートなど)、さらにタイトなファンクのブラスセクション、弦楽四重奏、古いブルースオルガン、かっこいいギターまで、あなたが欲しいサウンドが得られ、最大8つのパートでバッキングトラックを構成します。

270スタイルのそれぞれには、4つのパフォーマンス・セットのオプションが用意されており、それぞれがサウンド・セットのバッキングをリコールできます。
サウンド・セットのそれぞれは、プレーヤーが演奏するリアルタイムキーボードのパートに関連する、4つのオプションが用意されています。
ボタンを押すだけで、すべてのバッキングパートまたはリアルタイムパートを瞬時に選択、またはミュートでき、各パーツの音量を自由に調整できます。
i3では、すぐにバッキングサウンド、グループ、パーツをスタイルパフォーマンスセットで修正したり置き換えたりできるので、自由にそして迅速にパフォーマンスをカスタマイズできます。
アクティブなバッキングパーツでは、コードの変化とボイスリードに反応して、パフォーマンスに合わせて独自のトラックを作成します。

8つのCHORDボタンを使えば、既成のコードにより、曲作りを前進させることができます。
各スタイルは、必要に応じてサウンド、パート、コードを再生させることによって、完璧な楽曲を作成することができます。
各スタイルには、カウントイン、ブレーク、イントロ、エンディングという4つのリズムバリエーションが含まれています。
リアルタイムのサウンド・セットのパートと同様に、パフォーマンス・セットのスタイルのパートも、173種類のバリエーションを持つ2つの独立したステレオエフェクトプロセッサーにアクセスすることで、サウンドを変化させ、その効果、表現を加えます。

i3には、作った楽曲を保存、編集、そして共有するための様々な機能が用意されています。
ソングやパフォーマンスを作成する際に使われるすべての設定、たとえばパフォーマンスのスタイルでは、サウンド・セット、テンポ、エフェクトなどの設定は、すぐに呼び出せるよう独立したセット・リストに保存できます。
セット・リストには10のバンクがあり、それぞれ5つずつ保存できます。

i3にはシーケンサーも装備されており、ノーマルモードでは、16トラックのレコーダーとして利用できます。
シーケンサー・モードのバッキングは、i3はすべてのスタイルパフォーマンスセットのパートとすべてのサウンドセットのパートを、独立したパスを通じて、個別にトラックに配置できます。
この方法により、通常のシーケンサーのように個々のトラックを編集したり置換したりできます。入力が終わったら、完成したプロジェクトをMIDファイルデータとして、エクスポートできます。

さらにi3のユニークな機能として、パフォーマンス・レコーディング機能があげられます。これは、i3内で再生される演奏や音を、そのままオーディオデータ(wavファイル形式、44.1kHz)としてエクスポートする機能です。
また、内蔵シーケンサーでは、オーディオデータ(wavファイル形式やMP3ファイル形式)を再生することもできます。

電離駆動で軽量

i3ミュージックワークステーションは、あらゆる状況での使用に対応するために、リア・パネルに様々な端子を備えています。
バッテリー電源を使わない場合、付属のアダプターで適切なAC電源に接続してください。
また、オート・パワー・オフ機能により、電池の無駄遣いを防ぐことができます。

1/8インチのステレオヘッドフォン出力に加えて、オーディオモニタリング用の2つの1/4インチ出力(L/モノ、R)があります。
1/8インチのオーディオ入力も用意されています。
フット・コントローラー用として、1/ 4インチ端子が装備されています。
なお、ペダル・スイッチ/フット・コントローラーはそれぞれ設定が行えます。
MIDI OUT端子は、i3からノートおよびタイミングデータを他のMIDI装備の楽器またはオーディオ機器に送信します。
2つのUSBポートが用意されており、そのうちのUSB TO DEVICEポートは、ユーザーデータと曲をUSBフラッシュドライブとの間で保存およびロードでき、もう1つのUSB TO HOSTポートは、i3をコンピューターに接続します。
また、背面パネルには便利なコード・フックが用意されています。
 

ソフトウェアを無料バンドル

▼スマホ用ソフトウェア

i3には、曲を作るだけでなくAIによるマスタリングができる「Ozone Elements」、キーボード演奏の上達に役立つ「Skoove」、DAWソフト「Reason Lite」に加え、コルグやその他ブランドのソフトウェア・シンセまで、多数の音楽ソフトウェアが最初から付いてきます。
本体、パフォーマンスだけでなく、楽曲制作など次なるステップアップのツールがはじめから手に入ります。

まとめ・発売は?

ミュージック・ワークステーションの最新モデルKORG i3如何だったでしょうか!?
61鍵、僅か3Kgのボディーに790のサウンド、59のドラム・キット。
自動演奏の「スタイル」も270用意されています。
必要不可欠なコントロールにシーケンサーも装備。
さらに無料バンドルソフトも多数ついてリーズナブル!
コストパフォーマンス激高なシンセサイザーとなっています!

発売はスーパー・マッド・ブラックが3月下旬、スーパー・マッド・シルバが4月下旬。
発売価格は54,000円(税抜)前後を予定しております!
現在まだご予約は受け付けておりません。
情報が入り次ページの更新・SNS、メルマガで告知していきますのでチェックをお願い致します!

ご不明な点御座いましたら下記お問合せフォームよりお気軽にご連絡下さい!

お問い合わせ・ご注文お待ちしております!

ショップトップページへ

シンセ・ピアノカテゴリーへ

スーパー・マット・ブラック スーパー・マット・シルバー
Korg(コルグ) / i3 MB (スーパー・マット・ブラック) - シンセサイザー・ワークステーション -【3月下旬発売予定】
予価:54,000円前後(税抜)
※ご予約はまだ受け付けておりません
Korg(コルグ) / i3 MS (スーパー・マット・シルバー) - シンセサイザー・ワークステーション -【4月下旬発売予定】
予価:54,000円前後(税抜)
※ご予約はまだ受け付けておりません

▼診断ページも要チェック!

オススメ関連ブログ

KORGのシンセサイザーKROSSが新しくなって登場!初心者にもオススメなKROSS2の魅力とは?【2019/12/19更新】

【2019年度版】バンド初心者のキーボード・シンセ選び!厳選10選♪

【徹底比較】ライブ・ピアノ練習で使える低価格で人気のキーボード!KORG「EK-50」&Roland「GOシリーズ」!

【バンド始めるならコレを読め!】キーボード・シンセパートの大定番モデルはズバリ

「JUNO-DS」でバンド女子始めよう!必需品アイテムのそろったお得セットも!【2019年度版】

【 Roland 】「 FA-06 」と「 JUNO-DS61 」どこが違う??あなたにはこれがオススメ!!

500円引き!5%オフなど他お得なお知らせ

電子マネー決済取り扱い致しました!

お得な情報や新製品、人気商品の最新情報、セール情報はミュージックハウスフレンズのメルマガからゲット!お名前とメールアドレスだけで簡単登録!

最新情報やお得な情報配信中!
LINEだけ!かんたん友達登録で500円OFFクーポンもついてくる。

Facebook、Twitter、Instgram でもお得情報、随時更新中!いいね!フォロー、リツイート お願いします。

Youtube では、新製品レビューからデモ動画など、知って得する小ネタまでご紹介♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


おすすめ記事

カテゴリー