コスパ最高!ボーカル・ライブ・カラオケ・スピーチ・司会に最適!「Pro-group / PGM-58」ダイナミックマイクは何故、高品質なのか?! その秘密は・・・。

当店イチオシPro-group PGM-58 PGM-58S マイク

もくじ

  1. 何故、音が良いの?
  2. アーティストの評価は
  3. ダイナミックマイク「PGM-58」の主な特長・仕様
  4. 優れたコストパフォーマンスながらも拘りのサウンドを実現
  5. マイク選びのポイント
  6. 他社5モデルとの比較
  7. マイクも良いけど、これ鳴らすスピーカーは?
  8. まとめ
  9. 【超絶値下げ】コスパ最強!イギリスマイク 

1. 何故、音が良いの?

コスパ最高!スピーチ・会議、講義の司会やスピーチから、ライブハウス・カラオケなどでのボーカル用途まで、様々なシチュエーションでご使用頂ける当店一押しのダイナミックマイク『PGM-58』、『PGM-58S(スイッチ付き)』です。

スイッチなし スイッチあり
Pro-group(プロ・グループ) / PGM-58 【マイクケーブル・キャリーケース付】 - ダイナミックマイク - Pro-group(プロ・グループ) / PGM-58S 【マイクケーブル・キャリーケース付】 - スイッチ付き ダイナミックマイク -
Pro-group(プロ・グループ) / PGM-58  Pro-group(プロ・グループ) / PGM-58S 
ポイント 213還元!
1,980円 (税込 2,138円)  即日出荷!!

Pro-group(プロ・グループ) / PGM-58 【マイクケーブル・キャリーケース付】 - ダイナミックマイク - 【10月発売予定】
ポイント 213還元!
1,980円 (税込 2,138円)  即日出荷!!

Pro-group(プロ・グループ) / PGM-58S 【マイクケーブル・キャリーケース付】 - スイッチ付き ダイナミックマイク - 【10月発売予定】

ちょい話
Q:スイッチありとなしはどう選べばいいの?

A:スイッチありとなしで性能に差はないのですがスイッチが有ると、手元でON/OFFの切り替えが出来るメリットが一番大きいですが、スイッチ可動部の接触関係でノイズが乗ってしまったりします。

・スイッチなしがお勧めな場合
長い間マイクが動かない場合
スタンドに付けて置きっぱなしの場合
楽器の音を取る場合

・スイッチありがお勧めな場合
ミキサー操作などの音を管理をする人がいない場合。
スイッチを切ったり入れ忘れたりなどの見栄えが気になる場合
環境音が大きく常時マイクをONにしたくない場合


こんなに安くて、何で 「音が良い」 と言われているのでしょうか。
その理由は、この値段ではあり得ない素材を贅沢に使用していることです。

まず、マイクの外観部品は金属です。それにより共振などのノイズを抑えてさらなる高音質を実現しています。
基盤部分も、ノイズを抑える為にトライアンドエラーを繰り返し、最良の設計となっています。
最後に、音を決める上でもっとも重要なマイクカプセルは、この価格からはあり得ない上質な物を選定して、素材自体もかなりグレードが高い物となっており、それでなし得る高音質なのです。

工場の部品会社との直接交渉により実現した物になります。通常、こういったロープライスな部材は工場のエンジニアに丸投げで疎かにされがちですが、今回全てを監修する事により、高品質と低価格を実現しています。

▼【コスパ最高!!】司会 からボーカル まで使える ダイナミックマイク Pro-group「 PGM-58 」

2. アーティストの評価は

「Pro-group  PGM-58」 を ラッパー/アーティスト である KAZMANIAC氏 と 呂布カルマ氏 に実際に触って頂きました。


– ラッパーが一番握っているマイクといえば、「SHURE SM58」、通称「ゴッパ」「ゴッパチ」と呼ばれる世界標準のマイクです。世界標準のSM58 と比べてどうなのでしょうか?

呂布カルマ: パッと見、何も言われずに渡されたら、形も握り具合も遜色ないですね。
KAZMANIAC: ラップしてみた感じでも全然問題はないし。

KAZMANIAC氏 と 呂布カルマ氏 によるレビュー記事・動画全編は下記よりご覧いただけます。

■レビュー記事: 【KAZMANIAC & 呂布カルマ】 安くて使える!”Pro-group / PGM-58″ マイクレビュー
https://www.mh-friends.com/blog/?p=39909

▼レビュー動画本編は下記よりご覧頂けます。


■対談記事: 「KAZMANIAC × 呂布カルマ」スペシャル対談! HIP HOPについて熱く物申す?!
https://www.mh-friends.com/blog/?p=40516

▼両氏による対談動画は下記よりご覧頂けます。
今後の若い世代にまで目を向けているお話から、「HIP HOPは重い。」 など興味深い貴重なお話を大公開!

3. ダイナミックマイク「PGM-58」の主な特長・仕様

・ボーカル用途から会議、スピーチなど幅広く様々なシチュエーションでの使用を想定したサウンド
・徹底したノイズ、ハウリングの対策
・ハードケース、マイクホルダー、変換ネジ、XLRケーブル(3.0m)が付属
・スイッチなし・あり 2タイプ

■形式:ダイナミック
■指向特性パターン:カーディオイド(単一指向性)
■再生周波数帯域:50Hz~15kHz
■出力インピーダンス:600Ω±30%(1Khz)
■感度:-52dB±3dB(1V/Pa)
■質量:298g
■付属品:マイクホルダー、変換ネジ、XLRケーブル(3.0m)、ハードケース

ハードケース、マイクホルダー、変換ネジ、XLRケーブル(3.0m)が初めから付属しておりますので、別途購入の必要なく、届いたらすぐにご使用頂けます。

ハードケース、マイクホルダー、変換ネジ、XLRケーブル(3.0m)が付属しています。

また、ハードケースも付属しており、下記画像のように付属品全てを収納してそのまま持ち運ぶことが可能です。

キャリーケース付きで持ち運びに便利!

4. 優れたコストパフォーマンスながらも拘りのサウンドを実現

会議、講義、スピーチ、ボーカル用としてもご使用頂けるマイクです。

ライブハウス等でのボーカル用途から、会議、スピーチなどにも幅広く、様々なシチュエーションでの使用を想定したサウンドを実現。
そのサウンドはあの 「SHURE / SM-58SE」ダイナミックマイク に近づくように設計され、繰り返しテストされたとのことです。

人の声の帯域としては、1kHz~3kHzと言われておりますが、その辺りの周波数を引き立てるように制作され、高域のヌケの良さが魅力!

また、ライブ・レコーディングの天敵ともいえる、ノイズ・ハウリングに対しても徹底的に対策も施してありますので、快適にご使用頂けます。

5. マイク選び方のポイント

マイクで1番気になるのはやはりその「音質」ではないでしょうか。マイクそれぞれに特徴があり、音質もそれぞれ異なります。使う用途や声質により、それぞれあなたに合ったマイクは異なってくるかと思います。そこで注目するのがスペックの各項目です。それでは詳しく説明していきましょう。

■インピーダンス:
「交流抵抗」「抵抗値」等とも呼ばれますが、機器同士の抵抗のことです。
「抵抗」が大きいほど電流が流れにくくなり、音にノイズが乗りやすくなります。

■感度:
マイクから拾うことができる音の感度を表します。0から遠いほど感度が悪い、という事になります。
PGM-58はSM58の近似値を示していますが、より高い感度を誇っています。

■周波数特性:
マイクがどこまでの音(高低)を拾って認識できるかを表します。この幅が広い程、多くの音を漏らさず拾うことができるということになります。
PGM-58の周波数特性は「50Hz~15kHz」となり、SM58と同じ帯域をカバーしています。

■指向性:
音を拾う範囲・向きを表します。これはマイク選びにおいて指向性は非常に重要です。
ライブパフォーマンスで使うマイクと、レコーディングで使うマイクが異なるように、この指向性によってそのマイクの特性は全く異なってしまいます。
「指向性」とは、どの角度の音をはっきりと捉える事ができるか、どの向きの感度が良いかを表し、マイクの持ち方から、音を拾う範囲まで全く異なります。
単一指向性、全指向性(無指向性)、双指向性、超指向性などが御座います。
PGM-58やSM58は単一指向性のため、前方への単一な指向性を持ち、ボーカルの音をしっかり捉えます。

■個性・特性・くせ:
初めに「音質」について触れさせて頂きましたが、スペックなどの数値に表す事が出来ない、それぞれのマイクの特徴を知る必要があります。
そのクセが特徴として評価される場合もありますが、低い音を拾いにくいとか、雑音を拾いやすいとかいう物もあります。
これは実際に多くのマイクを使ってみないとわからないかもしれません。

■強度:
マイクにも強度が必要です。激しいライブパフォーマンスにも耐えられる頑丈な作りと、ノイズを発生させない作りが必要です。もちろん水に濡れたら壊れてしまうので、湿気・湿度に強いかどうかも重要なポイントです。
ライブパフォーマンスとしてマイクを投げたり、叩きつける姿も見ますが、多少乱暴に扱われても簡単に壊れない頑丈さが求められています。

■デザイン:
見た目のカッコ良さも一つの基準となるでしょう。好きなカラーである事で選択肢にもなり得るかと思います。
また、握って使用する事が多いため、誰でも握りやすいサイズ・太さであるかは、実は非常に重要だったりします。

■総評:
音質を構成する要素はこれらのスペックからある程度判断する事が出来ます。
用途に合った物を使用する事は非常に重要ですが、音質が良いか悪いか、自分の好みの音に近いかどうかで選んでいくことができるでしょう。

6. 他社マイクと比較してどうか?

PGM-58 比較 SHURE SM-58 CLASIC PRO CM-5 K-GARAGE KM-200 BEHRINGER XM8500 SAMSON R21 S

今回は価格帯が5,000円までのマイク4種類+SHURE SM58SEの合計5モデルと比較しました。

★比較モデル★
▼CLASIC PRO / CM-5

▼K-GARAGE / KM-200

▼BEHRINGER / XM8500

▼SAMSON / R21 S

▼SHURE / SM58SE

  PGM-58 CM-5 KM-200 XM8500 R21 S/1 SM58SE
価格(税込) 2,138円 1,166円 1,512円 2,138円 2,574円 10,778円
重さ 298g 250g 290g 217g 298g
再生周波数帯域 50Hz~15kHz 80Hz~15kHz 80Hz~15kHz 50Hz~15kHz 80kHz~12kHz 50Hz~15kHz
感度 -52dB±3dB -73dB±3dB -54dB/Pa -70dB -53dB -54.5dBV/Pa
付属品 ・ハードケース
・マイクホルダー
・変換ネジ
・マイクケーブル
・ハードケース
・マイクホルダー
・変換ネジ
・マイクケーブル ・キャリングケース
・マイクホルダー
・変換ネジ
・キャリングケース
・マイクケーブル
・マイクホルダー
変換ネジ
・ハードケース
・マイクホルダー

こちらの比較表を見て、お分かり頂けるかと思いますが、近い価格帯のモデルより、「再生周波数帯域」「感度」が良いことがわかります。

低価格のマイクは音をひろわない、良い音が出ないという概念を覆すスペックとなっているのが、この「PGM-58」なのです。

また、「重さ」「感度」はSHURE SM58SEと同じスペックなので、定番のマイクを使う感覚でご使用頂けます。
それが、約5分の1ほどの値段

1,980円 (税込 2,138円)

で手に入るという衝撃プライ
低価格ながら“使える”マイクをお探しの方にお薦めの1本です!

マイクも良いけど、これ鳴らすスピーカーは?

フレンズでは「PGM-58」とスピーカーがセットになったものを小規模なイベントから大規模なイベントまで幅広く豊富に取り揃えております!
小規模・中規模・大規模に分けて厳選した1セットをご紹介します!

小規模で低コストに

 【マイク1本シンプルBセット】 Expedition Escape / PGM-58s 《 カラオケ ・ストリートにオススメ 》
【マイク1本シンプルBセット】 Expedition Escape / PGM-58s 《 カラオケ ・ストリートにオススメ 》
ポイント 203還元!

18,800円 (税込 20,304円) 送料無料
 【マイク1本シンプルBセット】 Expedition Escape / PGM-58s 《 カラオケ ・ストリートにオススメ 》

SAMSONというメーカースピーカー「Expedition Escape」とのセット
出力15Wで入力はフォーン端子の入力が1つとミニステレオの端子が1つとシンプルです
小規模なスピーチやカラオケ大会に最適です、こちらのスピーカーはバッテリー内蔵でコンセントなどが無くても使えるので野外でのイベントにも問題なくお使い頂けます。

接続方法

  1. ボリュームなどのつまみは0に
  2. 電源を取るかバッテリーの充電をし、電源を入れる
  3. マイクを付属のケーブルに挿す
  4. スピーカー背面マイクのマークのあるジャックに挿す
  5. チャンネルのボリュームを徐々に上げて調整

以上です!かなりシンプルなので機械操作の苦手な方でも大丈夫!

中規模

【マイク1本シンプル_Aセット】 BA-330 / PGM-58s 《 会議 ・ PAにオススメ 》
【マイク1本シンプル_Aセット】 BA-330 / PGM-58s 《 会議 ・ PAにオススメ 》
ポイント 710還元!

65,741円 (税込 71,000円) 送料無料
【マイク1本シンプル_Aセット】 BA-330 / PGM-58s 《 会議 ・ PAにオススメ 》

シンセサイザーなどでお馴染みのRolandから発売されている「BA-330」とスタンドがセットになっています
バッテリー内蔵では無く電池で稼働するので野外などの電源の取れないところでの使用が可能!
出力は30Wで会議室などでの中規模イベントに最適!
BA-330は、多彩な入力に対応する6ch仕様のミキサーを装備。マイクの他に楽器なども接続できます、それ以外にも外部オーディオ機器を接続できるAUX IN端子もあります。

接続方法

  1. ボリュームなどのつまみは全て0にする
  2. 電源を取るか電池を入れ、電源をONに
  3. マイクを付属のケーブルに挿す
  4. スピーカー背面1~6CHのいずれかのジャックに挿す
  5. チャンネルのボリュームをある程度上げておく
  6. パワーボタン左の「MASTERボリューム」を徐々に上げる
  7. MASTERボリュームとチャンネルボリュームを調整
  8. 必要に応じてチャンネやMASTERのEQを調節しお好みの音質に!

1つ前に紹介したスピーカーには無いEQが付いていますEQ(イコライザー)は高音・低音の調整をする部分で高音が耳に痛いときや音楽の低音をもっと出したいときに調節が出来るのでとても便利!

さらにはスタンドがセットになっているのでスピーカー底部分のくぼみにスタンドを挿し高さを出すことで効果的に音を拡散します
また、BA-330は底部分にスタンドが収納されており、床置きの場合でも角度を付け効果的に音を拡散出来ます

大規模

【マイク1本シンプル Aセット】ALTO(アルト) MIXPACK 10 / PGM-58s 《講演 ・イベントに最適》
【マイク1本シンプル Aセット】ALTO(アルト) MIXPACK 10 / PGM-58s 《講演 ・イベントに最適》
ポイント 1,614還元!
49,800円 (税込 53,784円) 送料無料

【マイク1本シンプル Aセット】ALTO(アルト) MIXPACK 10 / PGM-58s 《講演 ・イベントに最適》

ALTO(アルト)というメーカーから発売されているMIXPACK 10といスピーカーとスタンドのセット
出力は400Wと大出力!体育館や広い会議場での使用にオススメ!
各チャンネルに2バンドEQを装備した8チャンネル使用のパワードミキサーがセットになっています。
なんといってもここまでの出力と機能が備わっていてこの価格はコストパフォーマンスが高くフレンズのPAシステムでも1位2位を争う人気です!

接続方法

~設置編~

  1. セットのスタンドにスピーカーを設置しスピーカーの位置を決めます
  2. 同梱品のスピーカーケーブルをミキサー「MAIN OUT」からスピーカー「INPUT」へ接続
  3. ボリュームなどのつまみが全て0になっているのを確認してから電源を入れる

~音出し編~

  1. マイクを付属のケーブルに挿し、ミキサー部分1~8CHのいずれかのジャックに挿す
  2. チャンネルのボリュームをある程度上げておく
  3. ミキサー向かって左した「MASTERボリューム」を徐々に上げる
  4. MASTERボリュームとチャンネルボリュームを調整
  5. 必要に応じてチャンネルEQを調節しお好みの音質に!

またこちらのセットにはRCA-ステレオミニのケーブルが付いているのでステレオの7,8ch各赤白に挿してステレオミニ端子の方をスマホやパソコンなどのイヤホンをさす穴(ステレオミニジャック)へ接続することで簡単にお持ちのスマホやPCからも音楽を再生することが出来ます。


小規模・中規模・大規模と各オススメなセットをご紹介しました
まだまだセットはたくさんあるので商品ページのセット一覧やPAセット一覧から是非チェックしてみてください!

☆PAセット一覧はコチラをクリック☆

まとめ

会議、講義での使用、スピーチや司会、ボーカル用途としても大活躍間違いなしのマイクです!
安いマイクでも、もう失敗はさせない!当店が自信をもってお薦めする商品です!

是非、手に入れて使用してみてください!
ご注文お待ち致しております。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

【超絶値下げ】コスパ最強!イギリスマイク「SONTRONICS(ソントロニクス)」 

レコーディング用マイクとして、世界の有名スタジオでも使われているコスパ最強!イギリスマイク「SONTRONICS(ソントロニクス)」が超絶値下げ!

ビートルズやクリフ・リチャード、ピンク・フロイド、シャドウズなどが録音を行ったスタジオとしても有名な、ロンドンのアビー・ロード・スタジオ (Abbey Road Studios) で使用されている超一流マイクです。

PGM-58 ダイナミックマイクの様なライブ用途向けではなく、スタジオクオリティーのボーカール録音ができてしまう、録音用コンデンサーマイクです。
それがなんとこのお値段で・・・・・(詳しくは下記をクリック)

【超絶値下げ】イギリスのAbbey Road Studiosで使われている高級マイク「SONTRONICS(ソントロニクス)」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


おすすめ記事

カテゴリー