Seratoに最強プラッター搭載!レコボ版との勝敗は?

発売から今まで、Pioneer DJ のPCDJコントローラーで最強との呼び声も高いDDJ-1000
なんと、遂にDJソフトウェア最強の“Serato DJ Pro”に正式対応し、「DDJ-1000SRT」として登場!
レコボ版と比べてその性能はどうなのか?勝敗は如何に?!

Pioneer(パイオニア) / DDJ-1000SRT 【Serato DJ Pro 無償対応】4チャンネルDJコントローラー【期間限定Serato DJ Suite+撥水ケースプレゼント!】
Pioneer(パイオニア) / DDJ-1000SRT 【Serato DJ Pro 無償対応】4チャンネルDJコントローラー【期間限定Serato DJ Suite+撥水ケースプレゼント!】
ポイント 1728還元!
160,000円 (税込:172,800円) 送料無料

Pioneer(パイオニア) / DDJ-1000SRT 【Serato DJ Pro 無償対応】4チャンネルDJコントローラー【期間限定Serato DJ Suite+撥水ケースプレゼント!】

▼こちらでもDDJ-1000SRTのお薦めポイントをご紹介しておりますので、合わせてご覧ください。

【動画あり!今だけ予約割引実施中!】Seratoに最強プラッター搭載!Pioneer DJ/DDJ-1000SRT レコボ版との勝敗は?【※8月26日内容更新】

目次

  1. DDJ-1000SRT レビュー動画
  2. 待望のSerato DJ Pro に対応!
  3. 最強プラッターはもちろん健在!
  4. ミキサー部分にもプロ仕様を採用
  5. 基本は一緒?違いはあるの?
  6. 業務用にも対応!豊富な入出力端子
  7. Serato?rekordbox?どっちを選ぶ?

1.DDJ-1000SRT レビュー動画

Serato に最強プラッター搭載!
レコボ版”DDJ-1000″との勝敗は?

2.待望のSerato DJ Pro に対応!

発売から今までPioneer DJのPCDJコントローラーで“最強”との呼び声も高いDDJ-1000

なんと、遂にDJソフトウェアの最強の”Serato DJ Pro”に正式対応し「DDJ-1000SRT」として登場しました!

今まで、DDJ-1000 でSerato DJ Pro を使おうと思うと、複雑なマッピングをして使えるようにしなければならず、手間がかかるのに加え、メーカーサポート外でしたので、独自でやっていく方法しかありませんでした。

しかし、遂に待望の正式対応!
Serato ユーザーの皆さまお待たせ致しました!

3.最強プラッターはもちろん健在!

操作性などは、DDJ-1000をベースにしているので、CDJ-2000NXS2のプラッターを受け継いでおり、大きいという点に加え、DDJ-1000をベースにしているので、中央部のディスプレイが搭載されているので、最上の仕上がりとなっております。

液晶の中では、目印となる線が表示され回っているので、これがあることによって目印となって、スクラッチやジャグリングなどのテクニックも快適に!

液晶に表示される情報については、レコボ版DDJ-1000と比べると違いがあります。

レコボ版(DDJ-1000)には、BPM、波形、時間が表示されておりました。

では、DDJ-1000SRTの液晶画面を見てみましょう。

なんか、見覚えのある感じですね。

これは実は、Serato DJ Pro のソフト側のデッキ部分の情報がそのまま表示されています。

手元に表示されるのは、かなり便利かつ、Serato ユーザーの方はすんなり受け入れることができると思います。

CDJ-2000NXS2 から受け継いだジョグということで、サイズも206mmと大きくなっており、ジョグ自体が”加圧式”というものになっています。
加圧式だと静電気に左右されず、反応が均一で、操作感がかなり良くなります。

ジョグの反応もかなりよく、スムーズで違和感もなく、物理的な追従もあり、よりアナログに近い感じでの操作ができます。
なので、スクラッチだったりジャグリングなどのテクニック系のパフォーマンスもかなりしやすいです。

ジョグアジャストもついているので、一番左にすると軽くなり、右にすると重くなる仕様。
一番軽くすれば、バックスピンなどもできるので、レゲェの人にもオススメ。

4.ミキサー部分にもプロ仕様を採用

基本的には、レコボ版のDDJ-1000と同じとなっており、プロ愛用のクラブ定番モデル”DJM-900NXS2″の基本性能を踏襲しています。

ジョグが大きいという所で、テクニック系のスクラッチでDDJ-1000を使いたいかたも多いと思いますが、それにはジョグも大事ですが、ミキサーのクロスフェーダーもかなり大事ですよね!。

DDJ-1000SRTには、「MAGVEL FADER」が搭載されております。

こちらは、Pioneer DJ の定番スクラッチミキサー”DJM-S9″に搭載されている「MAGVEL FADER PRO」を踏襲したものとなっており、耐久性も抜群。

キレも抜群で2mmくらい動かすだけで音が立ち上がります。

また、DJM-900NXS2より受け継いでいるのは、見た目やフェーダーだけではなく、エフェクト機能も受け継いでおります。

DDJ-1000と同様に、BEAT FXでは定番の10種類に加え、4種類が追加されて、合計14種類が搭載。

また、SOUND COLOR FXについては定番の4種類が搭載されています。

5.基本は一緒?違いはあるの?

基本的にDDJ-1000SRTはDDJ-1000と一緒といったのですが、DDJ-1000SRTは「Serato DJ Pro」に対応しているというところで、違いがありますが、パッド部分に違いがあります。

PITCHPLAY など、Serato Pitch’n time DJを使ったSerato DJ Pro で使える機能に合ったパッドモードの切り替えが可能になっております。

Pitch’n Time DJ では、パッド毎に半音(※)ずつの音階になっており、押すごとに音が上がったり、下がったりします。
※ピアノでイメージするとわかりやすいですが、黒鍵(ピアノの黒いところ)を含めて1つ横の音を半音と言います。
「ピアノ 半音 」の画像検索結果

他にも”KEYSYNC” などミックスしたい曲に合わせてキーを自動補正する機能もついています。
J-POPなどの聞き慣れている楽曲などで多用すると、逆に違和感が出てしまうかもしれませんが、ハウスやテクノ系の音楽との相性は抜群!

6.業務用にも対応!豊富な入出力端子

DDJ-1000SRT は入出力端子も豊富に備えています。

4つの入力端子があり、3chと4chは、LINEとPHONOの切り替えができます。
LINEにしたときには、CDJ/XDJ を接続したり、PHONO の場合は、ターンテーブルを接続してのプレーも可能です。

Serato DVS との組み合わせでDVS でのプレーもできます。
※Serato DVS は別途有償購入が必要となります。(初回分にはSerato DJ Suite がついているので、そのままアクティベートしてもらえれば使えます。)

また、パソコンと繋がないときは、DDJ-1000SRTは単体のミキサーとしても使う事ができます。

そして、USBポートは2つ搭載されていますので、2台のパソコンを繋ぐことができます。
それによって、DJの交代時の音途切れ問題も解決!

自宅でプレイする場合は1台のパソコンしか使わないと思いますので問題ありませんが、クラブで回すときだったりは、音を途切れさせないで、繋げる事が大切です。
曲の繋ぎというところで、自分もSerato,次のDJさんもSeratoと言う時は一般的なコントローラーだとUSB端子が1つしか付いていなく、別の再生機器で音楽を流しながら、その間に転換するという必要がありましたが、その手間もなく、スムーズに交代できます。

また、ミキサー上部では、USBポートの切り替えもできるので、音途切れ問題もそうですが、DJが交代して順番に曲をかけていく、B to B(バック・トゥ・バック)もパソコン2台の同時接続で可能です。

さらに。マイク端子も2つ搭載!

サイドマイク、サイドMCなどを交えてのプレーというのもマイクを繋ぐことでできます。
あとは、結婚式などでの司会とかでも活躍してくれます。

また、マイクのミキサーは独立して搭載されており、マイクのボリュームも調整できます。

さらにON/OFF に加え、”TALK OVER”というもがあり、これを使う事によりマイクで話した声が優先となり、再生されている音楽の音量が自動調整されますので、司会などにも便利な機能です。

また、出力端子は、MASTER1/2、BOOTH があります。

MASTER1 は業務用のキャノン端子になっていて、バランス端子。

BOOTH はフォーンのバランス端子で、MASTER2 は自宅での接続にも対応した、赤白のRCA端子になっております。

このような端子を搭載し、業務用、自宅用としても対応しております。

7.Serato?rekordbox?どっちを選ぶ?

現場にCDJしかないというかたは、rekordbox でUSBメモリーでプレーというのが良いと思いますが、ターンテーブルやCDJが混合の場合、ターンテーブルがメインになっているところは、Serato が良いのではないでしょうか。

現場でCDJ-2000NXS2 でSerato でHIDコントロールという素晴らしい機能もありますが、USBポートがCDJ分必要となります。

では、どちらを選べば良いのでしょうか。

欲張りに全部載せ!って方は、Serato DJ Pro に対応したDDJ-1000SRT がお薦めです。

よりスマートに便利に使いたいって方は、rekordbox djのDDJ-1000がお薦めです。
自宅では、DDJ-1000で練習して、現場ではその対応ソフトであるrekordbox dj で解析した曲データが入ったUSBを使ったCDJ-2000NXS2でのプレーができるというメリットがあります。

どちらのモデルでもプラッターが魅力ですが、現場でのCDJ-2000NXS2を使って、今までのコントローラーでの操作性が気になっていた方で、自宅に設置できるこのサイズ感でPioneer 最強のプラッターがついたDDJ-1000SRT とDDJ-1000

細かい手の動きにも反応がよくついてきて、操作感もよく、繊細な指の動きにもついてくるプラッターが搭載されており、それで自宅でも練習したい方や、業務用にも使える入出力端子も搭載されており、ちょっとしたバーなどでの設備導入でもお薦めなモデルとなっております。

DDJ-1000SRT  DDJ-1000 
Pioneer(パイオニア) / DDJ-1000SRT 【Serato DJ Pro 無償対応】4チャンネルDJコントローラー【期間限定Serato DJ Suite+撥水ケースプレゼント!】  Pioneer(パイオニア) / DDJ-1000 【rekordbox dj 無償対応】4チャンネルDJコントローラー【期間限定撥水ケースプレゼント!】 
ポイント 1728還元!
160,000円 (税込:172,800円) 送料無料

Pioneer(パイオニア) / DDJ-1000SRT 【Serato DJ Pro 無償対応】4チャンネルDJコントローラー【期間限定Serato DJ Suite+撥水ケースプレゼント!】
ポイント 1428還元!
132,221円 (税込:142,800円) 送料無料

Pioneer(パイオニア) / DDJ-1000 【rekordbox dj 無償対応】4チャンネルDJコントローラー【期間限定撥水ケースプレゼント!】

DDJ-1000、DDJ-1000SRT どちらもお薦めですので、是非ご検討下さい!

ミュージックハウスフレンズからのお知らせ

PayPay(電子マネー決済)取り扱い致しました!

お得な情報や新製品、人気商品の最新情報、セール情報はミュージックハウスフレンズのメルマガからゲット!お名前とメールアドレスだけで簡単登録!

最新情報やお得な情報配信中!
LINEだけ!かんたん友達登録で500円OFFクーポンもついてくる。

Facebook、Twitter、Instgram でもお得情報、随時更新中!
いいね!フォロー、リツイート お願いします。

Youtube では、新製品情報から、知って得する小ネタまでご紹介♪
▼チャンネル登録はこちらから▼

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


おすすめ記事

カテゴリー