ホントに”高いだけ”が良いのか? 価格じゃない知識で、最高音質を

「音を良くしたい」、「良い音質で音楽を聴きたい」
誰でもそう思いますよね。

【これだけで音が変わる】たった2つの事で音が変わるその秘技とは!?

以前コチラでもご紹介したように音が変わるポイントの1つとして、「ケーブル」というのがあります。

音響機器などパワードスピーカーやミキサー部分には「ケーブル」をバランス接続することで、音質・音量面でも良くなります。

「ケーブル」と言ってもその種類は様々ですよね。
ご使用頂く機材に合わせてケーブルの端子は選んでいると思いますが、「メーカー」はどうでしょうか?

「なんでもいいや」「どれも同じ」と考えているかも多いことでしょう。

しかし、ケーブルのメーカー毎に“特色”があり、“音質”も変わってきます。

ハイエンドオーディオやっているところがオススメするのは、詐欺商品も多いし、ダメではないが、値段相応の価値の効果があるかといえば、その答えはほとんど“NO”と断言できる。

変化があるかは”YES”
値段の満足があるかは”NO”

の可能性が高いです。

どれを選ぶのが良いの?

「じゃあ、どれがいいの?」という話ですが、

ズバリ、「Belden(ベルデン)」です!

世界標準・世界最高峰とも言っても過言ではありません。
オーディオ、マイク、ギター/ベース 、全ての用途に推奨できます!

“ケーブル”と言っても、その金額は数百円で買えるものから、何百万とする高級なモノまで、ピンからキリまでの品が販売されておりますが、誰しもが数百万円のケーブルなどその全てを試せるわけではなく、その価値があるかというと、どなたも厳しいと思います。

しかし、数百万円台までのケーブルはほぼ試した中でもベルデンはフラット性能があり、他を上回っているケーブルはありませんでした。

正直これは、

「高い物を試す価値は無い!」

と言い切ってしまっても差し支えないと思います!

他社のケーブルだと、低音が良く出たり、高音に特徴があったりする音の傾向がありますが、
Belden はあくまで”フラット”に。
混じり気のない音を伝えてくれます。

ではなぜ、音が”フラット”だと良いのか・・・?

それは、音をチューンするのではなく、信号をそのまま伝えてくれるという事です。

「音が良くなる」というのは、何か操作されているものであり、基本ケーブルの役割りは信号を伝えることですので、”フラット”に伝われば、”聴く人の音の好みに左右され難く”なります。

接続する機器の持っている潜在能力を、「これでもか!」と引き出してくれるのです。

★オーディオ用途で使用の場合

Belden(ベルデン) / 8412【RCA/RCA】

世界標準・世界1のケーブル Belden(ベルデン) / 8412 RCA/ RCA [2本1ペア]
世界標準・世界1のケーブル Belden(ベルデン) / 8412 RCA/ RCA [2本1ペア]

★マイクケーブルとして使用の場合

Belden(ベルデン) / 8412【XLRオス銀/XLRメス銀】

Belden(ベルデン) / 8412 【XLRオス銀 / XLRメス銀】 - マイクケーブル Black -
Belden(ベルデン) / 8412 【XLRオス銀 / XLRメス銀】 - マイクケーブル Black -

 Belden(ベルデン) / 8423【XLRオス銀/XLRメス銀】

Belden(ベルデン) / 8423 【XLRオス銀 / XLRメス銀】 - コンデンサーマイクケーブル -
Belden(ベルデン) / 8423 【XLRオス銀 / XLRメス銀】 - コンデンサーマイクケーブル -

★ギター・ベース用途で使用の場合

Belden(ベルデン) / 8412【TSフォン/TSフォン】 

世界標準・世界1のケーブル Belden(ベルデン) / 8412 TSフォン/TSフォン [1本] - ギターシールド -
世界標準・世界1のケーブル Belden(ベルデン) / 8412 TSフォン/TSフォン [1本] - ギターシールド -

こんな方にオススメ

・何十万円もの高級なオーディオシステムを所有されて見え、何万円もするケーブルを試したが、どうもしっくりこない…。

・世界最強のケーブルを手に入れたい!

・オーディオの泥沼にはまってしまっている

こんなメリットが

・とにかくフラットなベルデンのケーブルは、接続した製品の品質を、十二分に引き出します。
逆に言うと、低品質な機材に接続しても、逆にアラが目立ってしまう。
既に高級なオーディオシステムを構築されておられるお客様には、是非こちらをオススメさせて頂きたい。

他メーカーの製品と比べて

Belden(ベルデン)は、アメリカのメーカーです。
アメリカのレコーディングスタジオでは必ずと言って程、使われています。
イギリスのVITAL(バイタル)というメーカーがありますが、イギリスのスタジオでは、こちらが採用されている可能性が高いと思います。
なので、イギリス音楽を主に聴く方ですとVITAL(バイタル)のケーブルを使ってみた方が、良い結果を生む可能性が。
アメリカ音楽を主に効くなら、比較の必要も無くBelden(ベルデン)のケーブルを使えば、間違いありません!
この様に、他社のケーブルが、ご自分のリスニング環境に合致する場合は、そちらの導入がお勧め。

医療機・政府機関のシステムなど精度を要求されるケーブルは殆どBelden!スペースシャトルなどもBelden

▼Belden プロフィール 米国/ベルデンのプロフェショナルケーブルは最先端技術を駆使し、世界で最も厳しい規格といわれるUSA MIL規格をクリアした極めて高い信頼と高品位を実現した長年定評あるケーブルです。規格に厳格なNASAを初めとし、各放送局、レコーディングスタジオなどのプロの現場はもとより、IT産業に至るまで様々な分野でベルデンが常設されています。

Beldenは本来のケーブルの使用目的にそった開発がなされており、ケーブル自体が細くなるにつれて高くなっていきます。ケーブルが細ければ、狭い場所にケーブルをレイアウトしていく事が可能になっていきメリットが多くなっていきます。

民生品のケーブルは、ケーブルを太くして見栄えを良くして価格を上げていっていますが、Beldenは、細くしていってもスペックが同じという脅威のスペックを実現しています。(高級アンプなども殆ど、ケーブルにBeldenが付属しています。)

NASAを始めとする、最重要な部分もBeldenです

▼さらに詳しくはコチラ

『Belden(ベルデン)』ケーブルが、世界最高峰の理由とは…?

Belden 究極の形で本当の高音質

市場で販売されているBelden(ベルデン)のケーブルの中には、ケーブルがベルデンで、プラグが違う物が販売されています。

確かなはんだ付けの技術を用いて、ベルデン/ノイトリックの組み合わせで、究極の形でケーブルとして販売できているのは、当社ホームページでは、長さ選択可能で特注販売しているベルデンケーブルのみ。

はんだの選び方、プラグの選び方だけで、「音」は、激変します。
そこまで、気を使っているケーブル業者は、日本ではプロケーブル社ぐらいです。

そもそも、一級レコーディングスタジオで高い評価があるのが、プロケーブル

当店では、日本一の音として知られているプロケーブル社製のケーブルを、そのまま、出来たて高品質状態のままで仕入れて、プロケーブル社と同じ値段で販売させて頂いております。

音の信頼性については、プロケーブル社製ですから他店の「素人さん」が選んだ、最悪のはんだや最悪のプラグ等とは、次元がまったく違う音を提供できています。

本当に何をどうすれば良くなるか。
知識があれば、”音” は少額の投資で良くなります。

それこそが、プロケーブルの商品なのです。

ケーブル以外にも音への拘り

Belden のケーブル以外にも音への拘りは電源にもあります。

・オーディオリスニングがご趣味の方
・アンプやスピーカーは導入されており、ケーブルにも拘ったが、イマイチ音に納得のいっていない方
・安定した電源供給を可能にしたい!という希望をお持ちの方
・最高の電源周りの構築を目指している方

など、こういった方はココにも拘ってみては如何でしょうか。

そんな方には、こちらがお薦め!
(WATTGATE) シールド電源ケーブル
※プラグのカラーが「透明」と「ブラック」の2種類ございます。

シールド電源ケーブル(WATTGATE)透明プラグ シールド電源ケーブル(WATTGATE)黒色プラグ
ポイント 78還元!
7,222円 (税込:7,800円)

シールド電源ケーブル(WATTGATE)透明プラグ
ポイント 78還元!
7,222円 (税込:7,800円)

シールド電源ケーブル(WATTGATE)黒色プラグ

 

電源ケーブルを変えて、「本当にそれで音質が向上するの?」と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、この電源ケーブルを使うとこんなメリットがあります!

・圧倒的にノイズが減ります。(現在お悩みのノイズの原因が”電源周り”に起因している場合のみ)
・オーディオ使用時、まるで「そこに人がいる」、「楽器が目の前で鳴っている」という程の臨場感がえられる
・精度の高い、フラットな再生が可能。

他の製品と比較して見た場合・・・。

マリンコ医療用シールド電源ケーブル(マリンコシアターモデルシールド電源ケーブル)という、周波数特性的に完璧なフラットの電源ケーブルがあります。
ただ、音というのは、同じフラット同士でも違う部分が発生する要素が存在しているように思います。
こちらのケーブルを使うと、具体的には音が濃くなっていき、さらに濃くなっていき、生音にどんどん近づいていくと・・・

いないはずの人がそこにいる!!

と感じ、それは一種の怖さを感じさせるものでした。

それに対して、WATTGATEモデルのほうは、

そこに人がいる、けれども、当たり前のようにそこに人がいて、あまり恐ろしくない。

という特徴があるのです。

ただし、さらに音が濃くなっていくと、こちらも徐々に恐ろしい音になっていきます。
許容範囲の違いの問題です。
よほどのレベルのオーディオの音でないと、WATTGATEモデルでは恐ろしい音とはなりません。
オーディオ的な意味で、許容範囲が、広く大きくなっております。

それによって、

・さらなるフラットの精度が上がっている。
・フラットの懐が深くなっている。

という所が、最大の重要ポイントです。

▼さらに詳しくはコチラ

電源周りを見直して、音をフラットに。『シールド電源ケーブル (WATTGATE)』

金額ではく、知識で最高音質を

今回ご紹介した、Belden のケーブル、WATTGATEの電源ケーブルともに、金額的にも手が届かないわけではなく、比較的お求めやすい金額です。

すなわち、何十万、何百万円を出さずとも、本当に良いものを知っていれば、最高音質を手に入れることは”可能”なのです。

それ提供しているのが、プロケーブルの商品であり、当店でも、プロケーブル商品を豊富に取り揃えております。

音質は大前提として、金額にも満足して最高音質を手に入れたいなら、是非、こちらをご検討ください。

プロケーブル商品に関するご質問、お問い合わせは下記フォームよりお気軽にどうぞ!

ショップトップページへ

ミュージックハウスフレンズからのお知らせ

PayPay(電子マネー決済)取り扱い致しました!

お得な情報や新製品、人気商品の最新情報、セール情報はミュージックハウスフレンズのメルマガからゲット!お名前とメールアドレスだけで簡単登録!

最新情報やお得な情報配信中!
LINEだけ!かんたん友達登録で500円OFFクーポンもついてくる。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


おすすめ記事

カテゴリー