Rane 話題の新製品『TWELVE』&『SEVENTY-TWO』が遂にリリース!国内発売はいつ?!

Rane より TWELVE と SEVENTY-TWOが発売開始との発表がありました。

DMC USAチャンピオンシップにて公開されてから、話題となっておりましたが、遂にその詳細が明らかに!

Rane/Seventy-twoがDMC USAチャンピオンシップにて公開!

▼「TWELVE」と「SEVENTY-TWO」が優勝景品として贈呈されたDMC2017 優勝のDJ諭吉さんのルーティンの見所はこちら!

DMC2017優勝 DJ諭吉さん祝とルーティンの見所

それでは、早速、新発売の2モデルの魅力に迫っていきましょう!

目次

Rane 新モデル TWELVE & SEVENTY-TWO デモプレイ動画

各モデルその性能は如何に・・・?

デモプレイ動画をみて、これはどうなっているの?と気になるポイントも出てきたかと思いますので、早速気になる各モデルのその性能を見ていきましょう!

TWELVE
SEVENTY-TWO

TWELVE

~手軽に本物の感覚を~

複雑な操作なしに本物のターンテーブルの感覚を。
Rane / TWELVEは、ターンテーブル型のフル12インチ電動MIDIコントローラーなのです。
そのため、針はありません。
さらには、振動も、フィードバックも、RCAもありません。

また、TWELVE は公式のSerato アクセサリーなので、Seventy-Twoやその他のSerato DJ Pro でサポートされているハードウェアとのプラグ&プレイが可能です。

■TWELVE 主な特長

▼Real vinyl feel

本物のVinylを使用し、12インチのターンテーブルの伝統的な感覚と直感的なインテーフェイスを融合。

▼Multi-function touch strip

Serato DJ Pro のトラック検索やホットキューの設定、トリガーのために、多機能タッチストリップが搭載されております。

▼Cut with extreme precision

スクラッチ、ビートジャグリング、ミックス、そしてそれをプラッター解像度の3600ティックの制度でカットし、最高品質のサウンドとシームレスなパフォーマンスを可能に。

SVENTY-TWO

~楽しく本格的なミキシング~

機動性をアートに融合させ、インスピレーションあふれるミックスを作り出せます。

Serato DJ Essentinls (Serato DJ Pro + DVSのセット)に無償対応のRane SEVENTY-TWO には、繊細なコントロールを可能にするタッチスクリーンやMAG THREEフェーダーが搭載されています。

■SEVENTY-TEO 主な特長

▼4.3-inch color touchscreen

まさにSEVENTY-TWO の目玉ともいえる部分で、本体中央上部には4.3インチの高解像度カラータッチディスプレイを搭載。
そのディスプレイには、Serato DJ Pro の波形、CUEポイント、トラック情報を表示!さらにライブラリをナビゲートしたり、トラックを選択してロードもできます。
また、タッチディスプレイなので、エフェクトのレベルやモードの切り替えもパソコンを触らずとも操作が可能に?!

▼New MAG THREE fader

縦フェーダー、クロスフェーダーともに、MAG THREE フェーダーを搭載。
フェーダー自体の質の向上はもちろんのこと、それぞれ、カットラグなどの調整が可能となり、あなたのDJプレイを次のレベルへ引き上げてくれるでしょう。

▼Built Rane tough

Serato DJ Pro 用の堅牢で丈夫な2チャンネルミキサーは、世界中のトップDJと共同で設計されており、最も要求の厳しいDJセットに耐えることが保証されています。

▼Dual USB ports

また、背面部にはUSBポートを2つ搭載。
これによりDJの交代もスムーズに行う事ができます。

気になる国内発売は・・・?

先日、海外では発売となりましたが、気になる国内の発売はいつになるのでしょうか。
そこで、国内代理店である in Music Japan に確認を行いました。

その回答は、

「現在発表に向けて準備中、日程は現時点では未定だが、近日中に発表予定」

とのこと。

まだ、国内での正式な発売日は決まっていないようでありますが、その詳細は近日に発表予定とのことなので、今から楽しみですね。

また、新たな情報を入手次第、お知らせいたしますので、是非チェックして下さいね!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


おすすめ記事

カテゴリー