☆PCDJ初心者ガイド☆ DDJ-SB2 よくある質問 解決します!

PCDJコントローラーを手に入れて、よし!DJを始めよう!と思ったものの、
あれ・・・思うように動作してくれない・・故障かな?
なんてトラブルでお困りではありませんか?そんなトラブルをよくある質問から解決いたします!

目次

故障かな?と思ったら最初に確認してください

・ヘッドホンやマスターアウトから音声がでない

ドライバーソフトウェアはインストールされていますか?(Windows)
 Windowsの場合は、Poneer DJサポートページよりドライバソフトウェアをダウンロードし、インストールして下さい。
 取扱説明書「ソフトウェアをインストールする」を参照してドライバソフトウェアをインストールして下さい。

[音声を出力する]
 以下では、チャンネル1の音声を出力する方法を例にして説明します。

・マスターアウトから音声を出力する。
 [MASTER OUT ]端子に接続している機器 (パワーアンプ、パワードスピーカーなど) のボリュームを適切に設定してください。ボリュームを上げすぎると大音量で音声が出力されますのでご注意ください。

 1.ツマミの位置を設定する

image

 2.トラックを再生する
 3.チャンネルフェーダーを奥側に動かす
 4.[TRIM]ツマミを回す
  チャンネルレベルインジケーターのオレンジ色のインジケーターがピークレベルで点灯するように[TRIM]を調整してください。
 5.チャンネルフェーダーを奥側に動かす
 6.[MASTER LEVEL]ツマミ)を回して、スピーカーの音声レベルを調整する

・ヘッドフォンから音声を出力する。
 1.ツマミの位置を設定する

image

 2.チャンネル1のヘッドホン[CUE]ボタンを押す
 3.[HEADPHONES LEVEL]ツマミを回す
  ヘッドホンから出力される音声レベルを適切な音量に調整します。

image

・ジョグダイヤルをタッチしても反応しない

以下の内容を確認してください。
①ファームウエアは最新ですか?
  ファームウェアとは、DDJ-SB2内部のシステムソフトウェアです。
  DDJ-SB2をより快適にご使用いただけるように常に最新バージョンをお使い下さい。

②ジョグダイヤルが汚れていませんか?
  本機のジョグタッチの検出は静電方式の為、ジョグダイヤルが汚れていたり、
  手にハンドクリームをつけていたりすると反応しないことがあります。
  ジョグダイヤルを清掃する時は柔らかい布で乾拭きしてください。
  汚れがひどい場合は中性洗剤を水で5~6倍に薄め、柔らかい布を浸してよく絞った後、
  汚れを拭き取り、その後乾いた布で拭いてください。

③ 次の内容をご確認ください。

   ・本機のほかの場所を触れながら、ジョグタッチする
     ジョグタッチが効かない場合・・・本機の故障の可能性があります。
     ジョグタッチが効く場合・・・本機が接続機器の影響を受けている可能性があります。

・DDJ-SB2に接続されるパソコン(BTOのパソコンなど)や、アンプによっては、
 その接続環境(グランド状態など)によっては、JOGのタッチセンサーが正しく動作しない場合があります。

・音とび、音途切れ、音がひずむ、ノイズがのる

以下の内容を確認してください。
1. お使いのコンピュータはDJソフトウェアの環境要件を満足していますか?
  ⇒確認する

2. 音量調整のノブ、スライダーは適切に設定されていますか?
  ⇒確認する:故障かな?と思ったら~はじめに確認してください > ヘッドフォンやマスターアウトから音声が出ない。

3. バッファサイズの調整は適切ですか?
  ⇒確認する:機能 > バッファサイズの調整はどのように調整すればいいですか?

4. マイク等の接続機器の入力レベルは適切ですか?
  ⇒確認する:故障かな?と思ったら > マイクの音声がひずむ

5. マスターテンポがオンになっていませんか?
  マスターテンポをオンしているときは、キーを一定に保つためにキーコントロール処理を行っているため音質が変化します。この音質の変化は製品の仕様です。故障ではありません。

6. USBハブを使用していませんか?
  ⇒USBハブは使用できません。必ず、コンピュータのUSB端子に直接接続してください。

7. 他のアプリケーションが動作していませんか?
  スクリーンセイバーや常駐ソフトも含め、すべてのアプリケーションを一旦終了してくだい。
  (ウイルスセキュリティソフト等を終了する場合は、コンピュータの安全を確保する為に必ずインターネット接続を切断した状態で確認してください。)

8. USBケーブルは正しく接続されていますか?
  ⇒コンピュータとDDJ-SB2を付属のUSBケーブルで接続してください。

9. お使いのコンピュータで省電力設定がされていませんか?
  ⇒お使いのコンピュータの省電力設定を解除してください。

10. お使いのコンピュータに無線接続、Blue Toothの機能がありますか?
  ⇒無線接続、Blue Tooth機能をオフしてください。

11. DDJ-SB2以外のUSB機器が接続されていませんか?
  外付けハードディスクや、一部機種ではキーボード等を取り外し、内蔵ハードディスクだけの状態で確認してください。

12. コンピュータにUSB端子が複数ある場合は他のUSB端子で確認してください。

・AUTO LOOPが効かない

BPMが設定されていない楽曲ではAUTO LOOP機能は使えません。
Serato DJ Introのオフラインモードで[Set Auto BPM]にチェックが入っていることを確認し、楽曲を再解析してください。
詳しくはSerato DJ Intro User Manualをご参照ください。

Serato DJ Intro全般

・「Serato DJ Intro」はどのようなソフトウェアですか?

コンピューター上に保存した音楽ファイルを用いてDJプレイができるアプリケーションソフトです。専用のハードウェアをつなぐことでDJすることが可能なソフトウェアです。「Serato DJ Intro」について詳しくは、Serato社のWEBサイトhttps://serato.com/を参照してください。

・Serato DJ Introの動作環境を教えてください

Windows
・OS
 Windows8.1/8, Windows 7 with Service Pack 1 
・Processor
 Intel® プロセッサ、Core™ 2 Duo 2.0 GHz 以上
 Intel® プロセッサ、Core™ i3、i5 および i7
・RAM
 1 GB 以上
・Screen Resolution
 1024 x 768 以上
・USB Port
 2.0

Mac
・OS
 Mac OS X 10.10 / 10.9 / 10.8
・Processor
 Intel® プロセッサ、Core™ Duo 1.6 GHz 以上
 Intel® プロセッサ、Core™ i3、i5 および i7
・RAM
 1 GB
・Screen Resolution
 1024 x 768
・USB Port
 2.0

OS は最新のバージョン、サービスパックをお使いください。

詳しくは、Pioneer DJサポートページをご参照ください。

・Serato社ITCH、Scratch Live、Serato DJのデータベースとの互換性はありますか?

互換性があります。CRATESやCUEポイント、LOOPや曲の解析結果(BPM等)が、これらのアプリケーションに反映されます。

・Serato Videoに対応していますか?

Serato DJ IntroはSerato Videoに対応しておりません。

機能

・本機を汎用のMIDIコントローラとして使用し、Serato DJ Intro以外のMIDI対応DJソフトウェアを操作することができますか?

Serato DJ Intro以外のMIDI対応DJソフトウェアと組み合わせて使用することができます。
本機でMIDI対応DJソフトウェアを操作するためには、DJソフトウェアの各機能に本機の各操作インターフェースを割り当てる必要があります。割り当て方法については、お使いのDJソフトウェアの取扱説明書をご覧下さい。

・MIDI接続の仕様はDIN端子に対応していますか?

対応しておりません。MIDI信号はUSB端子から入出力されます。

・テンポの可変範囲を教えてください

±8%、±16%、±50%の中から選択することができます。

・DDJ-SB2はコンピューターのスタンバイモード、スリープモードからの復帰には対応していますか

コンピューターのスタンバイモード、スリープモードからの復帰に関しての動作保障はしておりません。

・チャンネルフェーダーとMASTER LEVEL、TRIM の3か所で音量を調節するところがありますが、それぞれの違いを教えてください

チャンネルフェーダー:各CHからMIX用に出力される音声レベルを調整します。
MASTER LEVEL:DDJ-SB2から外部へ出力される音声レベルを調整します。
TRIM:各チャンネル音量の大きさを調整します。

・iTunesで購入した曲を使用する事はできますか?

楽曲を購入した時期に依ります。2012年2月22日以前に購入された楽曲にはDRMが適用されており再生することができません。2012年2月22日以降に購入された楽曲であれば、DRMフリーであるため、再生することが可能です。

・DJした結果を録音することはできますか

Serato DJ Intoでは録音することはできません。

・Serato DJとドライバソフトウェアの両方でバッファサイズの調整が出来ますが、どちらが優先されますか?

Serato DJで設定したバッファサイズが優先されます。

・バッファサイズの調整はどのように調整すればいいですか?

バッファサイズの設定を小さくするとレイテンシー(DDJ-SB2を操作してから音声が出力されるまでの時間)を短くすることができます。音切れが発生する場合はバッファサイズを大きくして下さい、ただしレイテンシーが長くなります。音切れがしない最小のバッファサイズに設定してください。

Macをお使いのお客様へ
Serato DJ IntroのSETUPにて調整が出来ます

Windowsをお使いのお客様へ
Serato DJ IntroのSETUPにあるバッファサイズの設定と同じように、DDJ_SB2 ASIO設定ユーティリティのカーネルバッファ数でも設定ができます。
手順としては以下のように、音切れがしない最小のバッファサイズに設定してください。
Serato DJ Introのデフォルト設定(バッファサイズ:512サンプル)で音切れが発生しないかどうか確認してください。

【デフォルト設定で音切れが発生しない場合】
1 Serato DJ Intro ソフトウェアの[USB BUFFER SIZE(LATENCY)] を音切れが発生しない最小のバッファサイズに設定する。
2 [DDJ_SB2 ASIO 設定ユーティリティ] を起動して[ カーネルバッファ数] を[2] に変更し、音切れが発生していないかを確認する。
3 音切れが発生しない場合はSerato DJ Introソフトウェアの[USB BUFFER SIZE (LATENCY)] を音切れが発生しない最小のバッファサイズに設定し、音切れが発生した場合は[DDJ_SB2 ASIO 設定ユーティリティ] の[ カーネルバッファ数] を[3] に変更します。

【デフォルト設定で音切れがする場合】
1 [DDJ_SB2 ASIO 設定ユーティリティ] を起動して[ カーネルバッファ数] を[4] に変更する。
2 Serato DJ Introソフトウェアの[USB BUFFER SIZE(LATENCY)] を音切れが発生しない最小のバッファサイズに設定する。

・MIDI表はありますか?

はい。あります。
Pioneer DJサポートページから入手可能です。

・SLIPやCHフェーダースタート等、赤文字シルクで書かれている機能の使い方が判らない

Serato DJにアップグレード (有料)した時に使える機能です。
Serato DJと接続したときに、[shift]ボタン + 操作子 で赤字シルク印刷されている機能が操作出来るようになります。

故障かな?と思ったら

・ファイルを再生できない。

ファイルが著作権保護(DRM)されていませんか?著作権保護されているファイルは再生できません。

・音が歪む。

①[MASTER LEVEL] VRが正しい位置に設定されていますか?[MASTER LEVEL] VRを調整してください。
TRIM LEVEL VRが正しい位置に設定されていますか?チャンネルレベルインジケーターのオレンジ色のインジケーターが、ピークレ
ベルで点灯するように、[TRIM] ツマミを調整してください。
②MIC入力端子に入力される音声レベルは適切に設定されていますか?接続する機器に合わせて各端子に入力される音声レベルを適切に設定してください。

・DJソフトウェア接続時にMP3、AAC等の曲情報の文字が正しく表示されません

曲情報が、接続するDJソフトウェアで対応されていない言語の可能性があります。DJソフトウェアの言語の対応範囲については、そのDJソフトウェアの取扱説明書をご確認ください。

MP3、AAC形式ファイルは曲情報を埋め込むためのID3タグに対応しているため、アーティスト名やアルバム名をファイルから読み出し、表示することが出来ます。一方、WAV、AIFF形式のファイルは、ID3タグに対応していないため、アーティスト名やアルバム名などの曲情報を読み出すことは出来ません。曲情報を表示するには、Edit項目にて、曲情報の編集を行う必要があります。なお、iTunesライブラリーを表示するときは、iTunesライブラリーの持つファイル情報を参照するため、WAVやAIFF形式のファイルであっても曲情報が表示されます。

・キーロックをオンしているときにテンポを変えると音が歪んでいるように聞こえるのですが故障ですか?

キーロックをオンしているときは、キーを一定に保つためにキーコントロール処理を行っているため音質が変化します。この音質の変化は製品の仕様です。故障ではありません。

・DDJ-SB2がコンピューターで認識されません。

★★OS X Mavericks v10.9.xをご使用のお客様へ★★
Mac OS X 10.9.xにて、DJアプリケーションで操作できないという不具合が発生しております。
・Mac OS X 10.9.xがインストールされたMacに初めてDDJ-SB2をUSB接続した場合に問題が発生します。

原因および回避方法を調査しておりますが、現在のところ、以下の手順で不具合が解消されることが判明しております。

手順を確認する
(リンク先ではDDJ-ERGOを例に記載されています。お手持ちの機種に読み替えて確認してください。)

以下の内容を確認してください。

1. ドライバソフトウェアはインストールされていますか?(Windows)
Windows ではASIOドライバーをインストールする必要があります。

(Mac OSでは必要ありません)

インストール手順については取扱説明書で確認してください。

2. お使いのコンピュータでDDJ-SB2が認識されていますか?
   Windows:[DDJ バージョン表示ユーティティ]で確認する
        Windows の[ スタート] メニュー>[ すべてのプログラム]
         >[Pioneer]>[DDJ_SB2]>[DDJ_SB2 バージョン表示ユーティリティ] をクリックする。
        ドライバソフトウェアのバージョンとDDJ-SB2のファームウェアのバージョンが表示されます。

   Mac OS:Mac OSの[システムプロファイラ]で確認する
        確認手順はリンク先を参照してください。
        リンク先ではDDJ-ERGOを例に記載されています。
        DDJ-ERGOをDDJ-SB2に読み替えて確認してください。

       ⇒確認する

3. USBケーブルは正しく接続されていますか?
  ⇒コンピュータとDDJ-SB2を付属のUSBケーブルで接続してください。

4. USBハブを使用していませんか?
  ⇒USBハブは使用できません。必ず、電源供給のできるコンピュータのUSB端子に接続してください。

5. 他のアプリケーションが動作していませんか?
  スクリーンセイバーや常駐ソフトも含め、すべてのアプリケーションを一旦終了してくだい。
  (ウイルスセキュリティソフト等を終了する場合は、コンピュータの安全を確保する為に必ずインターネット接続を切断した状態で確認してください。)

6. DDJ-SB2以外のUSB機器が接続されていませんか?
  外付けハードディスクや、一部機種ではキーボード等を取り外し、内蔵ハードディスクだけの状態で確認してください。

7. コンピュータにUSB端子が複数ある場合は他のUSB端子で確認してください。

8. コンピュータ側のサウンド設定を確認する
  以下のリンク先ではDDJ-ERGOを例に記載されています。
  DDJ-ERGOをDDJ-SB2に読み替えて確認してください。

  ⇒確認する(Windows)
  ⇒確認する(Mac OS)

・クロスフェーダーの切れが悪い。

Serato DJ Intro上のクロスフェーダーカーブツマミの設定は適切ですか?
コンピューター画面のSETUPの[C/F CURVE]ツマミを右端に設定すると急峻に立ち上がるカーブになります。

・コンピューター (Windows用)と本機(DDJ-SB2)をUSB接続してからSerato DJ Introを起動して本機の電源を入れると、一瞬本機を認識するがすぐに接続がきれてしまう。

コンピューター (Windows用)を使用する際はドライバソフトウェアのインストールが必要になります。

お使いのコンピューターに以下のソフトウェアがインストールされているかご確認ください。
スタートメニュー
- すべてのプログラム
- Pioneer
- DDJ_SB2
- DDJ_SB2 ASIO設定ユーティリティ

インストールされていない場合は取扱説明書の「ソフトウェアをインストールする」参照してドライバソフトウェアをインストールして下さい。

・トラックリストにある楽曲の表示が文字化けする。

ID3タグの文字コードがシフトJISの場合、文字化けします。
アプリケーションとして対応しているのはユニコード(unicode)のみとなります。

・マイクの音声がひずむ

ワイヤレスマイク等の出力レベルの高い機器を接続していませんか?

ワイヤレスマイク等に出力レベル切換スイッチやゲイン調整がある場合は、本機のマイク端子に入力される信号レベルが低くなるように調整してください。
詳しくはお使いの接続機器の取扱説明書をごらんください。

本機のマイク端子の最大入力レベルは0dBV/入力インピーダンスは3kΩになります。

・Serato DJ Intro起動後 コントローラが認識されるまでに時間がかかる

複数のASIOドライバがコンピュータにインストールされていると、起動時にコントローラがSerato DJ Introに認識されるまでに時間がかかることがあります。
必要のないASIOドライバはアンインストールしてください。
アンインストール方法についてはそれぞれのASIOドライバを提供しているメーカにご確認ください。

ASIOドライバ:コンピュータとサウンドカード(オーディオインターフェース)等の間での音声の入出力を制御するドライバソフトウエアのひとつです。

・iTunesの曲が表示されているが、再生できない

AACフォーマットの楽曲を再生するにはApple社のQuickTimeが必要になります。
コンピューターにQuickTimeをインストールしてください。
QuickTimeのインストール後にSerato DJを起動し、「SETUP」-「Library+Display」の「Show iTunes Library」のチェックを一旦はずして、再度チェックを入れてご使用ください。
iTunesは最新にアップデートしてお使いください。

Serato DJに関する質問、お問い合わせはSeratoのサポート(日本語可)を利用することができます。
https://serato.com/forum/discussion/1365353

Serato DJに関する情報交換はSerato 日本語フォーラムも利用することができます。
https://serato.com/forum/area/47

iTunesおよびQuickTimeは、米国およびその他の国々で登録された Apple Inc.の商標です。

・楽曲(AAC)が再生できない(クレートにロードできない/デッキにロードできない)

AACフォーマットの楽曲を再生するにはApple社のQuickTimeが必要になります。
コンピューターにQuickTimeをインストールしてください。

iTunes Libraryの楽曲の場合はQuickTimeのインストール後にSerato DJを起動し、「SETUP」-「Library+Display」の「Show iTunes Library」のチェックを一旦はずして、再度チェックを入れてご使用ください。

Serato DJに関する質問、お問い合わせはSeratoのサポート(日本語可)を利用することができます。
https://serato.com/forum/discussion/1365353

Serato DJに関する情報交換はSerato 日本語フォーラムも利用することができます。
https://serato.com/forum/area/47

iTunesおよびQuickTimeは、米国およびその他の国々で登録された Apple Inc.の商標です。

・Windows で音が出ない、またはrekordboxを操作できない

Windowsで音が出ない、またはrekordboxを操作できない場合、こちらの手順を確認してください。

故障かな?と思ったら ~ Serato DJ

・[コンピューターの管理者アカウントでログインしてください。]のメッセージが出て、Serato DJをインストールできません。

Serato DJアプリケーションのショートカットアイコンにカーソルを合わせて右クリックし、プロパティを表示してください。互換性タブの中に特権レベルという項目があります。 [管理者としてこのプログラムを実行する]にチェックを入れて、OKをクリックしてください。ダイアログが閉じたらSerato DJアプリケーションを起動してください。

・Serato DJ Introで操作は出来るが音声が出力されない(オーディオデバイスとして認識されていない)、コンピューターではDDJ-SB2が認識されている。

①TRIMツマミ、チャンネルフェーダー、クロスフェーダー、MASTER LEVEL ツマミ、EQツマミ、FILTERツマミが適切な位置にあるか確認して下さい。また、コンピューター画面の[SETUP]の右にあるMaster Gainツマミが適切な位置(2時の位置を推奨します)に設定されていることをご確認ください。
詳しくは「ご使用の前に(重要)/クイックスタートガイド」の「曲を再生する」をご覧下さい。
②コンピューターの同一系統のUSBバスやUSBハブに複数のUSBデバイス(マウス、キーボードその他)を接続した場合、USBバスの帯域の問題やUSBデバイスの相性の問題などで正常に動作しない場合があります。
接続するUSBポートを変更することで改善出来る場合があります。

設置&接続

・ドライバソフトウェアとは何ですか?

DDJ-SB2をコンピューターと接続できるようにするためのソフトウェアです。

・最新のドライバソフトウェアはどこで手に入れられますか?

こちらより入手してください。
詳細は取扱説明書「ソフトウェアをインストールする」をご覧ください。

・ドライバソフトウェアのインストール・アンインストールの方法がわかりません

インストール
  Mac OS Xではドライバソフトウェアのインストールの必要はありません。
  Windowsの場合はPioneerDJサポートページよりドライバソフトウェアをダウンロードし、インストールして下さい。
取扱説明書「ソフトウェアをインストールする」を参照してドライバソフトウェアをインストールして下さい。

アンインストール
Windows 8.1 / Windows 8 / Windows 7
 ①コントロールパネルの[プログラムと機能]を開きます。
 ②[Pioneer DJ DDJ_SB2 Driver]を選択し、[アンインストールと変更]をクリックします。
 ③画面に表示される指示に従って操作してください。
  管理者のパスワードまたは確認を求められた場合は、パスワードを入力するか、確認情報を提供してください。

・Mac OS Xでドライバソフトウェアをインストールする必要がありますか?

Mac標準のドライバソフトウェアを使用するので、インストールする必要はありません。

・USBハブは接続できますか?

USBハブ経由ではご使用できません。付属のUSBケーブルで本機とコンピューターを直接接続してください。

・別途サウンドカードは必要になりますか?

サウンドカードは内蔵されていますので、別途の購入は必要ありません。

・[BALANCED]端子はありますか?

ありません。

・ケンジントンロック装着用穴は、何に使うのですか?

主にコンピューター用に販売されている盗難防止用のワイヤーロックを装着するための穴です。

・どのようなアンプにつないで音を出せばよいのですか?

本機は、アナログのマスターアウト(音声出力)を1つ持っております。
この音声出力を一般的なアンプやミニコンポ、パワードスピーカーなどの外部入力に接続することでそれらのスピーカーより音声を出すことができます。

・インターネット環境が必要ですか?

Serato DJ Introのソフトウェアのダウンロードやバージョンアップなどにインターネット接続環境が必要になります。
ドライバソフトウェアや取扱説明書の入手についてもインターネット接続環境が必要になります。

・DJプレイをするにあたり、DDJ-SB2以外に何が必要ですか?

Serato DJ Introをインストールする為のコンピューター、および音声を出力する為にパワードスピーカー(もしくはアンプとスピーカー)とヘッドホンを用意してください。

お悩みのトラブルは解決できましたでしょうか。その他ご不明点などございましたらお気軽にお問合せ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


おすすめ記事

カテゴリー