☆エフェクターフェア第160弾!☆60〜70年代に一斉を風靡した名機”Echoplex EP-3″を再現!『EP103 ECHOPLEX DELAY』

エフェクターフェア第160弾
は、Jim Dunlop(ジム・ダンロップ)から発売された、注目のディレイ・エフェクターをご紹介です。

Jim Dunlop(ジム・ダンロップ) / EP103 ECHOPLEX DELAY - ディレイ - 《ギターエフェクター》
Jim Dunlop(ジム・ダンロップ)
EP103 ECHOPLEX DELAY
– ディレイ – 《ギターエフェクター》

26600
送料無料

対応のACアダプターサービス
Dunlop_pop

高級パッチケーブルもアップ
belden_1


Jim Dunlop(ジム・ダンロップ) / EP103 ECHOPLEX DELAY - ディレイ - 《ギターエフェクター》

 

テープエコーの名器、『ECHOPLEX(エコープレックス)』を再現したエフェクターになります。

こちらEchoplex EP-3がベースとなっているのですが、Jim Dunlop(ジム・ダンロップ)社はすでにEchoplexのプリアンプ部分を再現した EP101 と言うモデルを販売しています。 
下記のモデルですね。
Jim Dunlop(ジム・ダンロップ) / ECHOPLEX EP-101 - プリアンプ - 《ギターエフェクター》
Jim Dunlop(ジム・ダンロップ)
ECHOPLEX EP-101
– プリアンプ – 《ギターエフェクター》

11800
送料無料

Jim Dunlop(ジム・ダンロップ) / ECHOPLEX EP-101 - プリアンプ - 《ギターエフェクター》

EP-101はプリアンプ部のみを再現したモデルでしたが、EP103はテープエコーも含めての再現がなされたモデル。
価格もそれなりにお高くなってますが、当店は対応のACアダプターと、パッチケーブルをサービスしての販売を実現。
導入の際は是非とも当店でご検討頂けます様、お願い申し上げます。

別売で、コンパクトなタップスイッチも販売されております。
こちらと組み合わせる事により、最大4,000msのディレイタイムを実現!
Jim Dunlop(ジム・ダンロップ) /  MXR M199 TAP TEMPO - タップスイッチ - 《ギターエフェクター》
Jim Dunlop(ジム・ダンロップ)
MXR M199 TAP TEMPO
– タップスイッチ – 《ギターエフェクター》

5600

Jim Dunlop(ジム・ダンロップ) /  MXR M199 TAP TEMPO - タップスイッチ - 《ギターエフェクター》

 

小型ながら頑丈な筐体で、TSフォーン/TRSフォーン接続に対応。
端子ごとの極性切換えも行える、使いやすいタップスイッチになっております。
あわせてご注目くださいアップアップアップアップ

動画でイメージを膨らませましょう
A_

Echoplex EP-3テープエコーユニットは、デリシャスで暖かく、自然な変調と甘いサウンドで、60年代から70年代にかけて、ギターサウンドの象徴的で重要な構成要素となったことで有名です。


しかし、原型のEP-3ユニットは高価で、神経質で、ビデオ機器より大きいものでした。

EP103 Echoplex DelayはPhase 90のサイズです。

コントロールはシンプルで明快、Delayは65から750ミリ秒までディレータイムをセット、Sustainはリピート数を設定、Volumeはディレー出力レベルをセットします。


しかし、このペダルの音が本当に輝くところは、エイジモードにあります。

デフォルトでは、完全に調整された、工場出荷の新しいテープエコーマシーンがそうであるように、僅かなワウフラッターの明るくてクリアなテープ音で、あなたのペダルは作動します。
Volumeノブを押すとエイジモードになり、時計回りにノブを回すほど、リピートサウンドは、トーンをダークにし、テープサチュレーション(歪)をアップし、変調とテープの鳴きを増やします。

Echoplex Delayは、M199 MXR Tap Tempo Switchを接続することによって、最高4秒のディレータイムまで設定できるタップ・テンポ機能を持っています。

EP103のディレー信号はEP101 Echoplex Preampと同じ音質の回路を通りますが、ドライ信号はその色づけはされません。

もし、ドライサウンドも同じ色づけ望むのであれば、その秘密のソースとしてEP103の前にEP101を通すと良いでしょう。

ドライのラインは、Constant Headroom Technologyによって20ボルトのヘッドルームを持ち、リレーによるトゥルーバイパスとトレイルモードを選択できます。

また、ステレオ入出力モードとともに100%ウェットモードにも設定できます。

Jim Dunlop(ジム・ダンロップ)エフェクターの一覧は ココ をクリック!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


おすすめ記事

カテゴリー