★初心者の為のドラム講座~シンバル編~★

Music House Friends  
Presentz
MHFNEWS 

今回はシンバルについてお話させて頂きます。
シンバルはビートを表現するうえで重要な役割を果たすパーツであると同時に、ここ1発のアクセントやエフェクト(効果音)等、ドラミングにおけるさまざまな場面で活躍する大切なパーツと言えます。
特にジャズ系ドラミングの場合、シンバル類だけでプレイされる部分も多く、シェル類以上にこだわりを持つドラマーも多くいます。
シンバルの構造
ドラムセットの中では「ハイハット」、「ライド」、「クラッシュ」等様々な種類のシンバルが使用されますが、基本的な構造はどれも特に変わりありません。

・カップ
シンバルの中心部分のふくらみで、この部分を叩くことで「カーン」と甲高い音が出せます。
楽譜中でも「Cup」と指示が出されていることがあり、この部分は独立したパーツと考えてもいいでしょう。
・エッジ
シンバルの周辺部分で、クラッシュやハイハットではこの部分を叩くことで荒いクラッシュ音が出せます。
・ボウ
「カップ」と「エッジ」に挟まれた部分で、きれいなシンバル音を出すことができる部分。
ライドでは多くの場合この部分を叩きます。
シンバルは「直径」、「厚み」、「素材」、「製作工程」等によって音質がかなり違ってくるため、一つのメーカーから数十種類もの製品がラインアップされています。
「直径」はインチで表され、見た目の通りなので悩むことはないでしょう。
「厚み」は数値で表されるのではなく、厚いものを「Heavy(ヘビー)」、中くらいの厚さのものを「Medium(ミディアム)」、薄いものを「Thin(シン)」等と抽象的に表現されています。(HeavyとMediumの間の「Medium Heavy」やThinとMediumの間の「Medium Thin」等もある)
「素材」はメーカーや製品シリーズごとにさまざまで、細かい内容は公開されていませんが、同一メーカーの同一シリーズのものは基本的に同一の素材で作られているので、素材の違いとしてではなくブランドとシリーズで識別する方が現実的でしょう。
「製作工程」は大きくわけて、機械で作っているか手作りかに分かれますが、一般的に「手作りの方がいい」ってことになってて、値段も高くなります。(しかし、実際のところ「手作り」の場合は個体ごとのバラツキが大きく当たりはずれがあるため、「機械製の方が安定していていい」というドラマーも結構多いです)
代表的なシンバルの種類
・ハイハット
ハイハット・スタンドに上下(トップとボトム)2枚のペアでセットされたシンバルです。
サイズは13~14インチが主流で、薄目のトップと厚めのボトムを組み合わせるのが一般的です。
同一シリーズの組み合わせが一般的ですが、あえて違う種類を組み合わせるパターンもありです。

・ライド
サイズは20~22インチが主流。
普通は1枚ですが、ドラマーによっては音質の違うものを複数枚使うケースもあります。
以前はよけいな倍音の少ない厚めのものが主流でしたが、最近では「Medium Thin」あたりのものを使うドラマーも増えています。

・クラッシュ
サイズは14~19インチ程度、厚みはThinからMediumの間のものを何種類か用意しているドラマーが多いです。

・スプラッシュ
歯切れの良い「パシャッ!」とした音の小径シンバル。
サイズは6~10インチで、厚みはThinが多い。
それほど頻繁に使うものでもないが、なかなか効果的なアイテム。

・チャイナ
エッジ部分がボウと逆に反っていて、かなり荒くインパクトの強い「グシャッ!!」とした音が特徴のシンバル。
スプラッシュとならんで代表的なエフェクトシンバル。

シンバルは各メーカーから様々な種類が発売されています。
色々なシンバルを試して自分好みの一枚を見つけてください!!

—- Facebook —-
お気軽に友達申請お願い致します♪
https://www.facebook.com/musichousefriends.musichousefriends
—- Facebook ページ —-
https://www.facebook.com/pages/MusicHouseFriends/301313293224862
—- Twitter —-
https://twitter.com/mhfriends

☆ DJショップの総合サイト ☆
Music House Friends
https://www.mh-friends.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


おすすめ記事

カテゴリー