破格値のギターやベースって、どうなの!?

スゴイ時代になりました

最近では、1万円をきって買えてしまうギター・ベースが、そのへんで買えてしまいます。アンプやシールド等、備品がついて、19800円のセットなんてギター関係の雑誌を見ていると、ザラです。

学生さんや、ギターを弾いてみたいけど、本格的な物は必要ないという方にはこれ以上なく、素晴らしい品をメーカーは提供できています。

ただ、

「とにかく、上手くなりたい

「憧れの、あのミュージシャンのようになりたい

「作曲をしたい

など、明確で、高い目標がある方には、こういった品物は正直オススメできません。 理由としては……….

1. 安いギターはパーツが安い。ペグが安物の場合、チューニングが狂いやすい。

2. ボディが鳴らない。

3. (エレキの場合)ピックアップが安物なのでどんなにイコライジングしても変化がわかりにくい。

の様に、技術や音作りの向上を阻み演奏のストレスになるのです。

これは、アコースティックの場合はエレキより顕著に現れます。

ただ、コードを憶えるだけや、良い楽器を買う迄のつなぎに買う分には問題ありません。

良い楽器を買って弾かなくなったら、改造の練習機にすればよいのです。

(安物なら下手にイジッて調子を悪くしてもダメージは少ないです。)

 

初心者の方でも、ギターやベースを買うなら最低でも

4~5万円

は予算で見て頂きたいです。

本体だけ

です。ちょっと高額かもしれませんが、コレくらいを出して頂ければ、下手をすれば一生でも使っていただける物をお買求め頂けます。

具体的に例を挙げれば、ギターの王道ストラトキャスタータイプなら、

Fender Japan (フェンダ-ジャパン) / Stratocaster ST-STD

https://www.mh-friends.com/shop/index.cgi?No=631201 

レス・ポールタイプなら、

Epiphone(エピフォン) / Les Paul-100 

https://www.mh-friends.com/shop/index.cgi?No=569237 

今、全世界のトレンドは

Paul Reed Smith(ポール・リード・スミス) / SE Custom 24 

https://www.mh-friends.com/shop/index.cgi?No=631203& 

こんな所でしょうか。

この辺なら、本家(FenderUSA、Gibson)の直系なので、下手な物は作れません。

(とはいってもピンきりではありますが,,,,、)

しっかりと保管・管理が出来ていれば、

孫の代までいい音を出してくれる1本にめぐり合う可能性、高し

最初の1本は、是非良い相棒とめぐり合ってください

Twitterも更新

https://twitter.com/mhfriends 



DJショップの総合サイト

Music House Friends(ミュージックハウスフレンズ)

https://www.mh-friends.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


おすすめ記事

カテゴリー