比類なきバーチャルアナログシンセサイザー「REPRO」新登場!

u-he(ユーヒー)よりリアルでハードなモノフォニック・シンセサイザー「Repro-1」とユーザーリクエストの多かったポリフォニックバージョン「Repro-5」が同梱された新商品「REPRO」が登場します!

目次

  1.  u-he(ユーヒー)とは
  2. ふたつのプラグイン・シンセサイザーを同梱
  3. 「Repro-1」とは
  4. 「Repro-5」とは
  5. システム要件

u-he(ユーヒー)とは

u-he(ユーヒー)は、2001年にUrs Heckmannただ一人によって創設され、その後、彼を中心に、プログラマーやミュージシャン、デザイナー、クリエイターからなるスペシャリストを有するチームに成長した、ドイツ・ベルリンに拠点を置くオーディオソフトウェアメーカーです。
映画音楽界の巨匠ハンス・ジマーやラインホルト・ハイル等の著名な作曲家との強力なリレーションシップをもとに、ユーザーに独自のソリューションとアプローチを提供し、高い操作性、一貫性のある製品デザイン、抑えられたCPU負荷、そして何より太くクリアなサウンドを誇るDAW用のプラグインを開発し続けています。

ふたつのプラグイン・シンセサイザーを同梱

u-he(ユーヒー) / Repro - バーチャル・アナログシンセサイザー・プラグイン
u-he(ユーヒー) / Repro – バーチャル・アナログシンセサイザー・プラグイン
ポイント 216還元!
18,500円 (税込19,980円)

u-he(ユーヒー) / Repro - バーチャル・アナログシンセサイザー・プラグイン

Reproは、オリジナルとなる(あの!)ビンテージアナログシンセサイザーのサウンドを忠実に再現する「コンポーネント・レベル・モデリング」を採用し、抜けのよい極太のアナログサウンドに加え、エフェクターやアルペジエーター、ステップ・シーケンサーも装備した、比類ないバーチャルアナログシンセサイザーです。
最新版の「Repro v1.1」は、先行発売されていたモノフォニックバージョンの「Repro-1」と、2017年12月に公開された8ボイス・ポリフォニックバージョンの「Repro-5」の、ふたつのプラグイン・シンセサイザーを同梱しています!

「Repro-1」とは

リアルでハードなモノフォニック・シンセサイザーです。粒立ちがよくダイナミクスに富んだ極太サウンドは、圧倒的な存在感で、リードやベースに最適です。単に実機のエミュレーションだけでなく、u-heならではのカスタマイズ機能で、幅広いオリジナルサウンドを作成可能です。

※従来の「Repro−1」ユーザーは、無償でアップデート可能です。Repro製品ページからデモ版をインストールしていただければ、いままでのライセンスでそのままお使いいただけます。

「Repro-5」とは

ユーザーリクエストの多かったポリフォニックバージョンが満を持しての登場です。Repro-1と共通のDNAを持つ究極のアナログサウンドに新しいフレーバーを取り入れ、鮮やかな和音や太いユニゾンリードなど、あの名機のあのサウンドがコンピュータ上に再現されます。

システム要件

  • PC:Windows 7以降、VST2、VST3、NKS、AAX
  • Mac:Mac OS X 10.7以降、VST2、VST3、AU、NKS、AAX
  • CPU:マルチコアCPUの現行モデルのPCとIntel Mac(Sandy Bridgeマイクロアーキテクチャを推奨)
  • RAM:1GB 以上推奨
  • HDD容量:60MB以上の空き容量
  • ディスプレイ解像度:1000 x 600以上推奨

※ 使用するDAWの使用環境に準じます。
※ 32/64bitのプラグインフォーマットに対応しています。
※ AAXは、ProTools 10.3.7以降に対応しています。

ご質問、ご相談等ございましたらお気軽にお問合せ下さい。
問い合わえ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


おすすめ記事

カテゴリー