Serato が新たなる革命を起こす?!『Serato DJ Pro 2.0』が登場?

DJソフトウェアの普及率No.1ソフトウェアの『Serato DJ』がまたDJソフトウェア界に革命を起こすかもしれない情報が飛び込んできた。

それが、Serato DJ Pro 2.0の登場だ。
今回は、海外にて話題になっているこのVer2.0がどのような性能をもって、DJソフトウェア界に革命を起こしていくかを予測していきたい。

※この情報は、まだ正式にリリースが決定している情報ではないので、メーカー様への問合せは控えて頂きたい。

Serato DJ 2.0新機能は何ですか?

  1. Serato DJ 1.0 をおさらい
  2. Serato DJ Pro 2.0のプライベートベータ版
  3. Serato DJ Pro 2.0にはどんな機能が搭載されるか予想
  4. コード最適化/プロセッサー負荷の改善
  5. 新しい対応ハードウェアの誕生?
  6. 正式発表後の動きに注目

Serato DJ 1.0をおさらい

まずは、Serato Ver 1.0をおさらししておこう。

Serato DJ 1.0がリリースされてから5年以上経ちました 。 
当時、Serato ITCH(コントローラー用)とSerato Scratch Live(DVSユーザー用)の2つの発達したソフトウェアプラットフォームを持つ同社にとって、これは非常に注意深い移行でした。

1.0以降、ソフトウェアは購入可能な拡張機能を構築している。
FXパック以外にも、Serato Video、Serato Flip、Pitch N Time DJ、DVS、Club Kit、そしてiOSコントロールを購入することができます。
承認済みのハードウェアだけがソフトウェアと互換性があることを意味するクローズドシステムのままですが、承認されたデバイスの数はSerato Scratch LiveとSerato ITCHと比べて劇的に増加しています。

先日、Ver.1.9.10がリリースされたが、 我々は、これがSerato DJ 2.0以前のソフトウェアの最終アップデートになると考えている。 

Serato DJ Pro 2.0のプライベートベータ版

Serato は先週、開発者などに向けて、Serato DJ Pro 2.0のプライベートベータ版を提供している。

そのベータユーザが匿名でソフトウェアのスクリーンショットと関連ベータフォーラムをSerato サイトに掲載し、Serato DJの新しい名前は”Serato DJ Pro “となることを漏らした。

同社が以前のバージョンのソフトウェアをベータ版に入れたのは、通常、最終バージョンが公開されるまで1.5〜3か月間である。

恐らく、このSearto DJ Pro 2.0は1月中旬に行われる NAMM 2018 に発表されると我々は推測している。

 

Serato DJ Pro 2.0にはどんな機能が搭載されるかを予想

Serato DJの現状を見ると、新しいバージョンに何が含まれるかについてのいくつかの推測ができる

・MIDI マッピングのオーバーホール
Serato DJでは、MIDIマッピングに関する全く新しいテイクを見ていただければ幸いです。 
より高度なロジックとモディファイア、MIDIデバイスのキューポイントカラーマッチングなどの基本的な機能は魔法のようになります。

・Serato のサンプル機能内蔵
昨年のSeratoのリソースの多くは、強力なVST、Serato Sampleを構築するために使用されています。 
VSTからSerato DJに機能を追加することで、その苦労の一部を取り入れてみませんか? 
たとえば、VSTがサンプルを提案する方法と同じように、ソフトウェアがすぐにキューなしですべてのトラックにキューポイントのプレースメントを提案させることができるかどうかを想像してください。

・フルオンラインプレイヤーモード(プラクティスモード)
Serato DJは、ハードウェアを接続しないと、基本的なDJミキシングを行えない数少ないソフトウェアの1つです。
 DJが登録ユーザーの場合は、「オフライン」でハードウェアを接続しなくとも、基本的なミックステストができるようになるかもしれません。

・Daytimeモード
Serato ITCHの時代には、ソフトウェア用の白いスキンがありました。
これにより、明るい太陽が照らす昼間でも簡単に使用できましたが、その機能が追加されるのではないかと予想しております。

・ライブラリ管理(購入、タグ付け)
Beatport ProデスクトップソフトウェアにあったすべてのアイデアをDJアプリケーションに入れてみましょう。 
音楽にタグを付けること、ソートすること、ソフトウェア内で新しいトラックを購入することは、正しく行われれば便利になる可能性があります。

・Spotifyインテグレーション(Pulselocker後)
Serato は完全に統合されたストリーミング音楽ライブラリ Pulselockerを失ったばかりです。 
もし、Spotifyと連携ができれば、かなりそれは素晴らしいことです。

・エコー・アウト・クオリティ
SCRATCH LIVEから移った多くのDJは、Serato DJのエコー・アウト・エフェクトが厄介とのこと。 
Serato DJのエコーアウトは歪んでしまい、多くのDJがリバーブを適用するか、代わりにBreak Echoエフェクトを使用することができるようになるだろう。

コード最適化/プロセッサー負荷の改善

過去5年間に非常に多くの機能と拡張機能を追加した後、コードベースが非常に面倒でオーバーホールの準備ができていることは容易に想像できます。 
しかし、新しいドライバは、古いハードウェアをサポートするためには書かれていませんし、それこそが大きな課題となります。

特に注意が必要なのは、WindowsユーザーやSerato Videoを使用するユーザーがCPU負荷が高く、オーディオのドロップアウトに関する警告が出ることがよくあります。 また、1.8バージョンが出た後のGUIの応答性や波形のジッタに関する問題の報告もあります。 これらの問題は、Serato DJコードの大幅な見直し(2.0リリースから期待できる種類)で最も簡単に修正される可能性があります。

新しい対応ハードウェアの誕生?

Serato DJ 1.0が発売されたとき、それは当時のまったく新しいパイオニアコントローラーであるDDJ-SXに裏打ちされました。 コントローラーとそのファミリーは、常に最高のオールインワンDJコントローラーの1つになっています。

Pioneer DJは自社のRekordboxエコシステムを推進するハードウェアに優先順位を付けることを明らかにしたいので、2.0版と同時にDDJ-SX3が登場する可能性はほとんどありません。

Rane DJ 12と72

ハードウェアパートナーにとって明らかな選択肢はRaneです。 
彼らは昨年InMusicに買収されたが 、このブランドはほとんどのDJの心の中でSeratoソフトウェアと密接に関連している。 

Seratoが Rane/Seventy-two を超えて本当に必要とするのは、予算に優しく、新しいDJをソフトウェアに関心を持つ新しいオールインワンコントローラーです。 

正式発表後の動きに注目

先ほども記述したが、おそらくこのSerato DJ Pro 2.0の発表は2018年 1月中旬に行われる NAMM 2018だと推測される。
まだ国内には情報は、入ってきておらずあくまで機能面などについては我々の予想であります。

しかし、この性能が実現されれば、DJソフトウェア界に革命を起こすことは間違いないだろう。
今後のSerato の動きにも注目していたい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


おすすめ記事

カテゴリー