Reloop 新製品情報★7インチタッチディスプレイ搭載”TOUCH”の情報公開!

Reloop TOUCH - Header Image

Reloopよりタッチスクリーンを装備したVirtual DJ 8用のコントローラー”TOUCH”が発表されました。

2つのジョグホイール、デッキごとに8つのパフォーマンスパッド、各チャンネルのフィルターを備えた3つのバンドEQ、4つのフェーダーで構成された2つのFader FX ユニットセクションがあります。

7インチフルカラータッチディスプレイを搭載

最も注目すべき点として、本体中央上部にある、7インチの高解像度タッチディスプレイです。
こちらが搭載されていることにより、パソコンの画面を見ることなく、楽曲の再生情報などを見る事ができます。

タッチディスプレイには、ビジュアルやビデオクリップをミックスしているときにビデオを表示できます。 

また、エフェクトをコントロールしたり、ライブラリをブラウズしたり、ドラッグ&ドロップでプレイリストを管理したりすることもでき、様々なパフォーマンスモードの視覚化など、様々なコントロールが可能です。

また、ビデオミキシングは、フルスクリーンモードで再生することができ、ビデオクリップは両方のデッキに割り当てられ、CUE機能でモニターすることも可能です。

ディスプレイが搭載されているコントローラーは新しいものではなく、過去にNumark のNVに始まり、いくつかのディスプレイ付きのコントローラーは発売されてきました。
このTOUCHのディスプレイは7インチということでPioneer DJのXDJ-RX2と同じくらいの大きさですが、TOUCHの場合、VIRTUAL DJの4つのデッキ情報をディスプレイに表示が可能です。

ジョグホイール部分

ジョグ部分は、他のDJコントローラーに比べ小さいですが、サイズ感としてはTRAKTOR KONTROL S4 MK2などと同じくらいです。

フェーダー FX ユニット搭載の4チャンネルクラブミキサー

TOUCHは、4チャンネルのクラブミキサーレイアウトとEQ/フィルターセクションを組み合わせて設計されています。
色分けされたデッキの切り替えにて、DJは今どのデッキで再生されるているのかを常に把握することができます。
2つのデッキセクションには、特別なノンスリップ設計によりピッチ曲げに最適な高解像度のジョグホイールが装備されています。
2つのFADER FX ユニットは、それぞれ4つのショートスローラインフェーダーを使って、エフェクトとビデオのパラメーターを直接コントロールできます。
多機能なXCoderは、1つのエンコーダで使用する3つの便利な機能(ループサイズ、キー、グリッド調整)を組み合わせて、様々なモードを制御します。

豊富なパフォーマンスパッドセクション

8つのRGBパフォーマンスパッドはそれぞれのフェーダーFXユニットの下に配置されており、多くの独創的なミックスが可能です。

「HOT CUE」、「ROLL」、「SLICER」、「SAMPLER」、「CUE LOOP」、「SAVED LOOP」、「BEAT JUMP」、「KEY CUE」などのパフォーマンスモードに加え、パッド機能と”SPLIT MODE”の切り替えが可能な”PAD MODE”も用意されています。
同時に2つの異なるモードを組み合わせて使用も可能となり、全ての演奏モードは”PARAMボタン”で広範囲に調節できます。

オーディオインターフェイスとソフトウェアの互換性

TOUCHは、高耐久性のUSBポートを備えた強力なオーディオインターフェイス機能を搭載。
頑丈な設計となっており、ケーブルの接触ミスを防ぎます。
出力端子は、バランス/アンバランスのマスター(XLR/RCA)、ヘッドホン端子(3.5/6.3mm)、マイク入力(63.mm)を搭載。
また、DJ/オーディオソフトウェアとのMIDI互換性も備えています。

視覚的なコントロールとフィーリングを兼ね備えたReloop/TOUCH

海外サイトには2017年11月と記載がありますが、国内での発売はいつになるのでしょうか。

いまからとても楽しみな商品です。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


おすすめ記事

カテゴリー