☆エフェクターフェア第186弾!☆Roger Mayer(ロジャーメイヤー)からまたも新商品!『RM58M Limiter – リミッター/コンプレッサー -』

Roger Mayer(ロジャーメイヤー) / RM58M Limiter - リミッター/コンプレッサー -
Roger Mayer(ロジャーメイヤー) / RM58M Limiter - リミッター/コンプレッサー -
Roger Mayer(ロジャーメイヤー)
RM58M Limiter
– リミッター/コンプレッサー –

62400
送料無料

エフェクターフェア第186弾!!
デジタル録音のクオリティを上げてくれる、”リミッター”です。
スタジオ用リミッター、「RM58」を基に開発されたコンパクトペダルがこちらビックリマーク

※リミッターって?

※※RM58って?それにRoger Mayer(ロジャーメイヤー)って、有名なメーカーなの?

スタジオ品質のリミッターRM 58 をコンパクト・ペダル・サイズで実現しました。
オリジナルのRM 58 は、ロジャー・メイヤーが1970 年代にスタジオ・コンソール用にカスタム・メイドしていたものです。
2010 年にペダルサイズの製品を発売し、評判となりました。ただペダル型としてはやや大型なため、ギタリストやベーシストの方々からは、もっと小さなモデルが欲しいとのご要望も数多く頂いていました。
ついにそのご要望にお答えするモデルとして、RM 58M が登場です。
この58M ならペダルボードにも余裕で収まります。

こういう方にオススメ!

・ベースの他、エレキ・ギター|アコギ|ボーカル|ドラムにもお勧め

こちらの商品を購入頂いたらこんなメリットが有ります!

・リミッターの効力は、「音圧を高める」「クリップを回避する」
など、うまく使うと音の仕上がりを変えれます。
特にギターやベースだと、アンプを歪ませたくない時や、ギリギリの歪みを作るときにお試し頂くと、かゆい所に手が届く!?
良いリミッターは通すだけでも違います!


※下記より、2010年に発売され話題となった「RM 58 LIMITER」の動画をご覧頂けます。


※リミッターとは?
デジタル機材は、入力信号レベルに制限があるので、録音時にアナログ信号の状態でピークを抑えておく必要があります。
リミッターを掛けて録音しておけば、デジタル編集時にレベル調節による音の劣化を抑えられるので、密度の高いサウンドのままDAW を使えます。


※※このペダルの基となった『RM 58 LIMITER』の歴史

最初に、ブランド名の「Roger Mayer(ロジャーメイヤー)」について。
ロジャー・メイヤーと言えば、ジミ・ヘンドリックスのエンジニアとして活躍したことで有名。
他にも、60年代からジミー・ペイジやジェフ・ベックを始めとしたトッププレイヤーのためのエフェクトも生み出しています。
それに加えて、オリンピック・スタジオへのカスタム・コンソールを始めとして、数々のレコーディング機器を製作していました。
特にニューヨークにいた1970年代にはスタジオ機器の製作が仕事の中心でした。
その頃は、有名スタジオのためにカスタムメイドでコンプレッサーやリミッターやコンソールなどを製作しています。

ロジャー・メイヤーが製作した中でも RM 58 LIMITER は、1970年にニューヨークで製作すると直ぐに、Record Plant、Hit Factory、Electric Lady、Atlantic Records、Elektra Records、Columbia Records、A&R Studio等、全米のトップスタジオに導入されました。
主要なスタジオにはRM 58 LIMITERが装備されていたので、当時の名盤の大半の製作で使用されていたといっても過言ではありません。
今日でも至高のビンテージ機材の1つとして多くのプロデューサーから高い評価を得ており、トップエンジニアのスタジオなどで活躍しています。

アナタの憧れのミュージシャンが世に放った名盤がレコーディングされた際、このリミッターが使われていた…..?
心躍る機材じゃありませんか!
是非、導入をご検討ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


おすすめ記事

カテゴリー