【感想レポ】KORG(コルグ)社の、新製品発表会に行ってきました!

観てきました

観てきたんですよVOX(ヴォックス)の新商品を
販売代理店KORG(コルグ)社より、この度発表になったのはコチラ
B_

C_

Starstream(スターストリーム)
というモデリング・ギターなんです。

「モデリングギターって
という方もお見えと思いますので、簡単にご説明します。
モデリングギターとは、”1本のギターで別のタイプのギター音を何種類も出す事ができる”ギターなのです。

同じ種類の商品として、LINE6(ラインシックス)社から発売されている「Variax」と言うギターが御座います。あちらのVOX(ヴォックス)版とお考え頂いて差支えないと思います。

これ1本でシングルコイルのギターの音、ハムバッカ―のギターの音、アコースティックギター(マーティン風、ギブソン風)の音、ナイロン弦のギターの音、12弦ギターの音、シタールの音、バンジョーの音。
全部鳴らせます

実際に弾いてみた感想として、メイプルネック、ローズウッド指板のネックは握り心地がよく、私的には弦間も丁度いい感じ。
フレームはプラスチックなので軽量。
非常に弾き易く、発売が非常に楽しみなギターであると素直に思いました。

ピックアップはVOX(ヴォックス)ソリッド・ギターの”SDC-22″に搭載された物と同じピックアップを搭載。

本機はメインのギターとしても勿論お勧めできますが、Fender、Gibson、PRSなどの良い音で鳴ってくれる1本を既に所有されて見えるギタリストの方には、『究極のセカンドギター』として、強くオススメしたい
シーンを問わず、多様なミュージシャンとのセッション・レコーディングに重宝するスゴイギターですよ

 

2016年 5月28日(土)の発売を予定しています
こうご期待

 

『Starstream Type 1』

~メーカー説明文~
エレクトリック、アコースティック・ギターのみならず、シンセサイザー、その他の弦楽器など、幅広いレンジのサウンド。新開発のAREOS-Dシステムを採用し、指先のニュアンスひとつでサウンドをコントロールできる、これまでのエレクトロニクス内蔵ギターを大きく超えたかつてない表現力を実現。

■VOX独自のAREOS-Dシステムを採用。ギター用マグネティック・ピックアップを使用し、数々のエレクトリック・ギター・モデルを精緻に再現可能。
■9種類のインストゥルメント・グループにはそれぞれ3タイプのバリエーションを内蔵。最大6種類のフェイバリット・サウンドをメモリー可能。

■ボリューム、トーン、モデル・バリエーションを切り替える3ウェイ・スイッチによるシンプルで分かりやすく、クイックに操作が可能なコントロール。

sale_keizoku_2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


おすすめ記事

カテゴリー