インターフェース・DAC等をパソコンに接続している「USBケーブル」を変えてみよう!

と、いう事で、ココでのお題は
『USBケーブル』
で御座います。

巷では、何千円、何万円というUSBケーブルが販売されております。
そんな物を使えば、さすがに音質は上がりそうですよね
(上がってくれなきゃ、困るという話です)

ただその上がり幅は、使っている環境・楽曲によってもまちまちでないかと思います。

大枚をはたいてケーブルを買ったとします。
「確かに音は良くなったような気がするが…..これくらいの効果なのか…
と、劇的な向上は望めず肩を落とすのがイヤで、購入を躊躇してしまうのは私だけではないはず。
そんなアナタにこちらをオススメします。
50cmと短い長さではありますが、ファイヤーワイヤーケーブルの高性能ぶりで、世界を驚かせてきた、あの、unibrain社のUSBケーブルです。

Unibrain(ユニブレイン) / ”世界最上NO.1” USBケーブル [50cm] (typeA/B ver.2.0)
フレンズ現金特価 ¥2●,00-

注文ページへはココをクリック

ここで、”USBケーブルによって、なぜ音質が変わるのか?”の講釈を。

「デジタル通信だからケーブルで音が変わるはず無い!」
という意見もあるのですが、ケーブル経由でアナログノイズがDACに入るので、内部構造の明確な高品質ケーブルを使えば音が良くなるのは物理的に当然。

上をみればキリがないケーブルの世界で、コストパフォーマンスも考慮してフレンズは
これこそが世界で最良のUSBケーブル
だと断言できます
ベルキン製の 0.5ランク から 0.7ランク くらいは上と思ってください。
商品に最初から付いているUSBケーブルからの変更なら、かなりの効果を期待してもらって大丈夫です!

Unibrain(ユニブレイン)のusbケーブル、是非お試しください

更に短い、15cmも在庫ございます
(短い物の方が、情報の欠落が抑えられるので音が良いとされております。
環境に副うならこちらをどうぞ

Unibrain(ユニブレイン) / ”世界最上NO.1” USBケーブル [15cm] (typeA/B ver.2.0)
    通常価格¥2,592- → フレンズ現金特価 ¥2,376-
注文ページへはココをクリック

その他Unibrain(ユニブレイン)の製品一覧はココをクリック

sale_keizoku_2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


おすすめ記事

カテゴリー