☆Serato DJへアップグレードでDJプレイが変わる☆PCDJコントローラー編

PCDJコントローラーで『Serao DJ Intro』を使いこなせるようになりもう1クラス上のDJプレイをしたいと思い始めている方、機材を買い替えるには「予算が・・・」という方も多いと思いますのでソフトのアップグレードをされてみてはいかがでしょうか。
Serao DJ Intro』対応のPCDJコントローラーの場合、有償にて『Serato DJ』にアップグレードして御使用頂けます。
機能面が多くなりよりDJパフォーマンスが可能になりますが、初心者の方にも嬉しい機能があります。
・ミックスの録音が可能になりミックスCDが作成できる。
・BPM、ビートのシンクでよりミックスが簡単になる。
・『Whitelabel.net』から無料で楽曲をダウンロードできる。
高度なDJパフーマンスが可能になりますがこのように初心者の方にお薦めな点も。

シリアルナンバーを購入して『Serato DJ』を導入頂ければ直ぐに上位クラスのソフトでDJプレイを楽しめます。

SERATO(セラート) / Serato DJ
t02200055_0400010013368654174

seratodjim

シリアルナンバーが記載された書面での提供となります。
お問い合わせが多いのがSeratoサイトから『Serato DJ』を無料でインストールしたけれど使用できないという方が見えますが
『Serato DJ Intro』対応の機材の場合は、『Serato DJ』を購入して頂きシリアルナンバーを入力しないと御使用頂けませんのでご注意ください。

※『Serato DJ』にもともと対応のコントローラー、『Serato ITCH』対応のコントローラーの方は無償にてご使用頂けます。

では『Serato DJ』にアップグレードする事によりどの様に変わるのでしょうか。

メイン画面は 左が『Serato DJ Intro』、右が『Serato DJ』となります。
『Serato DJ』は切り替えにより2デッキ、4デッキまた波形の表示方法の変更が可能です。
コントローラーによって使用できるデッキ数は変わりますのでご注意ください。
※『Serato DJ Intro』も対応コントローラーによっては4デッキ使用可能です。


『Serato DJ Intro』はシンプルな画面構成で初心者の方にもわかり易く扱いやすいソフトとなっていますが『Serato DJ』も機能は増えますが基本的には同じ構成ですので違和感なく移行できます、プレイリストなどもそのまま反映されます。

下記を見て頂きますとデッキの画面構成の違いが良くわかります。

『Serato DJ』では豊富な機能も直感的に操作できるように工夫を凝らした構成となっております。

『Serato DJ』にアップグレードする事により変わる機能として

■キューポイント数は最大8つ設定可能
『Serato DJ Intro』では最大5つでしたが最大8つとなりデッキ内にキューポイントが大きく表示されます、しかもカラーを自分でカスタマイズ可能なので非常に認識がし易くなります。
再生ポイントがキューポイントに近づくとバーチャルデッキ内のストライプがキューポイントの色に徐々に変化する便利な機能も搭載。

■ループ機能が便利に
マニュアル、オート、ロールのループ設定が可能でループポイントの保存が可能なので事前にキューポイントのように仕込んでおく事が可能。
ループ拍は1/32~32と『Serato DJ Intro』の1~8拍よりも大幅に変わります。
またループロール機能搭載でループしている間も曲が進んでいくのでループから抜けるときに違和感なくプレイを続ける事ができる便利な機能となっています。

バーチャル・デッキ内のキュー・ポイントとループ表示を下記の様に切り替えて使用可能

cueloopp

画面の切り替えはプレイ中にも可能なので用途に合わせてDJプレイのしやすい画面を選ぶ事が可能です。

■曲の同期が簡単に可能
PCDJの利点として一番に挙げられるのが、繋ぐ曲の同期が簡単に行えるオート・シンク機能。
この機能のおかげで初心者でもすぐにDJミックスを楽しめるわけです。

『Serato DJ Intro』のオート・シンク機能は曲のBPM(テンポ)を合わせてくれるシンプルシンク機能
『Serato DJ』はさらに便利なスマートシンク機能を搭載しました。
BPM(テンポ)だけでなくビートも自動で合わせてくれるのでジョグでのビート合わせが必要なくなりミックスが非常にやり易くなります。
どちらのシンク機能をにするかDJプレイに合わせて設定可能。

■サンプラー機能が充実

『Serato DJ Intro』では4つのサンプル音で再生と再生箇所の選択でしたが
『Serato DJ』では「SP-6サンプル・プレイヤー」となり
最大6つのサンプル音が4バンク最大24個のサンプル音が保存可能
機能面も下記の画面構成を見て頂くと良くわかりますが様々な設定が可能。
※(※サンプル・バンクをまたがって、サンプルを再生することはできません。また、サンプル・バンクを切り替えると、例え最大発音数にサンプルが達していなくても、サンプル音の再生は停止します。)
sp_6

サンプルスロットで出来る機能は下記
・サンプル再生
・SP-6再生モードの変更
・サンプルをループさせる
・サンプル・ゲインを調整
・SP-6同期
・SP-6サンプル再生箇所の変更、キューポイント設定可能

・SP-6サンプルスロットをミューとする
・SP-6ピッチコントロール
・サンプルスロットのボリューム調整
・SP-6キーロック機能、サンプルのテンポを変更したとき、もとの音程を保つ

このように様々な操作が可能なのですが注意して頂きたいのがコントローラーによってはボタンの数的に対応が出来ないものも出てきます。その場合どうすればいいのかどうせならパソコンを触らずに操作したいところ、『Serato DJ』ではMIDIコントローラーへのアサインが可能となっていますので別でMIDIコントローラーをご用意頂ければ可能です。

■エフェクターが大幅にパワーアップ
『Serato DJ Intro』の搭載エフェクトは6個
『Serato DJ』では10個のエフェクトが搭載
数が増えただけではありません、
iZotope社の高品質なエフェクトを搭載、iZotope社はDAWのマスタリングのプロの現場でも使われている高クオリティーのエフェクトです。

エフェクトを掛けるデッキ・アサインも画面黄色枠のように4デッキ+マスターデッキと自由度が高く設定が可能。
バージョン1.2からはマルチFXモードの追加によりエフェクトを組みあわせて使用可能。
さらに、エフェクトは別途プラグインとして無償のものから有償のものまでSeratoサイトにてダウンロードが可能となっているのでプレイジャンルに合わせて拡張が可能です。

他にも『Serato DJ』の便利な機能としまして

■ミックスの録音機能
DJプレイをAIFFまたはWAVファイルとして録音保存が可能。『Serato DJ Intro』ではできなかったミックスの録音が簡単に行えます。

■再生デッキのロック
再生中のデッキに誤って曲をロードして音が止まるミスを防げます。

■ブレイキング機能
アナログレコードの再生、停止の音のように変化具合を調整できます。

■履歴の参照
今までプレイした曲がリストで保存されるので現場に合わせた即興プレイの際の内容も把握出来ます。

■Serato Videoプラグインの追加
Serato Videoを購入することによりVJが可能となります。

■楽曲を無料ダウンロード可能
Serato DJ使用の方は『Whitelabel.net』のウェブページから楽曲を無償でダウンロードが可能。
『Whitelabel.net』とは・・・Serato.comアカウントをお持ちであれば、レコード・レーベル各社がDJに配布しているプロモーション用楽曲を、無料でダウンロードできるネットワーク・サービスです。
楽曲はMP3フォーマットで、タグ付け、アーティスト名、楽曲名、BPM、波形オーバー・ビューがあらかじめ設定された状態で、配信されています。
※Serato DJで使用する楽曲のため、MP3プレイヤーなどで再生を行うと、音質がかなり劣化した状態で再生されますのでご注意ください。

他にもお伝えしきれていない素晴らしい機能を持った『Serato DJ』今後もバージョンアップによる機能の追加が随時行われますのでご紹介していきます。

『Serato DJ Intro』 と『Serato DJ』の簡単な比較表もご参照ください。

 

様々な高機能を持った『Serato DJ』ですがシンプル操作が基本のDJソフトですので初心者の方でも簡単にご使用頂けます、シンク機能やロールなど簡単にDJプレイを楽しめる機能が盛り沢山ですので初心者から上級者までDJプレイを楽しめるソフトです。

プラグインソフトの追加で機能を増やすしていく事が出来るもの魅力的です。
下記が現在販売されているプラグインソフトとなります。

■SERATO VIDEO・・・映像をコントロールできるプラグインソフト。
t02200055_0400010013368654174

■FX BUNDLE・・・JET PACK FX / BACK PACK FX / CHIP PACK FXの追加エフェクトをお得にセット。
t02200055_0400010013368654174

■PITCH ‘N TIME DJ・・・高性能ピッチ補正プラグイン、トラックのキーを完全に保つだけでなく、音質劣化もありません。
t02200055_0400010013368654174

■FLIP・・・トラックのエディットやCUEポイントプレイを拡張できるプラグイン。
t02200055_0400010013368654174

■Serato Tool Kit・・・FLIP、PITCH ‘N TIME DJ、FX Pack Bundleのお得セット
t02200055_0400010013368654174

DVS・・・対応モデルのハードウェアでヴァイナル・コントロールを可能にするプラグイン。
t02200055_0400010013368654174

Serato DJ Club Kit・・・「Serato DJ」とヴァイナル・コントロールを可能にする「DVS」がセット、対応モデルが決まっています。
t02200055_0400010013368654174

『Serato DJ』バージョン1.6はDVSに対応でスクラッチライブに無料対応となっています。
詳細はこちら

『Serato DJ Intro』から『Serato DJ』へアップデートしたいけれどその前に、一度試してみたいという方の為に
『Serato DJ』 14日間のフリートライアルも御座います。
Seratoサイトから14日間無料にて『Serato DJ』をお試し頂けます。
対応モデルも合わせて確認出来ますので興味のあるう方は是非ご覧ください。
詳細はこちら

ソフト別のPCDJコントローラーの選び方もご参照ください。
バナーをクリックしてください。

『Serato DJ』は常に進化しておりますのでそれに合わせてこちらのパージも随時更新していきます。
他に気になる点、不明点など御座いましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ内容をもとにより良いページに仕上げていきますのでよろしくお願いします。
o0240008013292097155

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


おすすめ記事