【16800円!】ベーシストなら、1度は使うエフェクター!!

Music House Friends Presentz

MHFNEWS
ベース弾きには、生音」つまりアンプ直に
拘りを持ってらっしゃる方が多いと思います。
とはいっても、現状のサウンドに変化をくわえたり、
1段階上のレベルに上げるには、やはり最も安く、
手早い方法としてエフェクターを使う方法があると思うのです。
ベースエフェクターの購入をお考えなら、こちらは絶対にオススメ


TECH21(テック21)
SansAmp:BASS DRIVER DI - BASS専用 DIボックス -

http://bit.ly/11wMa9C

"D.I" とは「ダイレクト・インジェクション(ボックス)」の略称。
「楽器からミキサーやPAに直接信号を送るためのインピーダンス変換器」
と言うと解りやすいでしょうか。

ライブ演奏する時や録音するときにはPAやミキサーに直接信号
を送ることで音をクリアにすることができます。
ところがライン直結だとアンプを通したような
音作りができなくってしまいますが、
これを
「まるでアンプを通したかのようにシミュレートする」
ことができるのがD.Iなのですが、
このサンズアンプのD.I
はあまりに容易に
「それっぽい音」
が作れてしまう。

D.Iは通常、卓上に置かれますが、プリアンプとしてもエフェクタとしてあまりに秀でた逸品であるこの品は、練習時にもそのままベースアンプに繋ぐかたは大勢見えると思います。


これと
EBS(イービーエス)のMultiComp

は、ベースエフェクターのド定番の組み合わせですが、
使ってみれば、その意味が解って頂けるはず。

結局、これより上がなかなかないんです
 
持ってない方はぜひこの機会に

---- Facebook ----

お気軽に友達申請お願い致します♪
http://www.facebook.com/musichousefriends.musichousefriends

—- Facebook ページ —-
☆ DJショップの総合サイト ☆
Music House Friends

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


おすすめ記事

カテゴリー